2018年 04月 12日 ( 1 )

粋な日本語を喋りたい

読み始めた本がどうもいつか読んだような気がして、しばらくしてそれは始めの出版時から題名が変更されてすこし改訂増補されたものだと分かった。『小津映画  粋な日本語』(中村明、ちくま文庫)。その原著は『小津の魔法つかい』(明治書院)。

それでも結構楽しめて、それは読んだ内容を人は如何に忘れるかということを証明するプロセスのよう。一連の小津映画が登場人物や背景の設定を少しずつ変えながら、繰り返し作り上げられるように、人の記憶は常に薄れまた書き換えられてそれが続いていくかのよう。

小津作品にほぼ必ずでてくる言葉についての紹介も、読んでいると改めて感じ入る。「ちょいと」のような言葉のリフレインはリフレイン以上で、それはあたかも音楽的に必要な和声の一部なのだとわかってくる。

「『晩春』では、曾宮周吉が「ちょいと見といでよ」と言い、その娘の紀子も、「いつ?」という父の問いに「お昼ちょいと過ぎ」と答える。翌年の『宗方姉妹』でも、真下頼子が「ちょいと・・・お客さまお帰りんなったら、カトレアへお電話頂戴って」お店員に呼びかけて伝言を依頼するし、宗方家の次女の満里子も「でも、ちょいと本気なとこもあったんだ、へへへ」と照れ笑いをもらす。(中略)『お茶漬の味』でも、雨宮アヤに「どっか行くの?」と聞かれた節子が「ええ、ちょいと」と応ずるし、特にヒロインの佐竹妙子などは、「じゃ、ちょいと旦那さまに断わっとこう」「いないのよ。ちょいと前、お客さまと出かけたんだって」「うん、ちょいとあぶなかったけど」「ちょいとお丼」というふうにわ「ちょいと」を連発する。その翌年の『東京物語』は、まさに「ちょいと」の花盛りで、ちょいと壮観である。(中略)長男の幸一も「ちょいと心配な子供があって、急に出かけなきゃならないんですがね」と上京してきた父親に訳を話して往診に向かう。「おれも困ってんた」とか、「おかあ、汽車ン中で、ちょいと具合悪くなって、大阪でおりたそうだけど」とかと、妹の金子志げに言い、尾道に駆けつけた際にも、「お父さん、ちょいと」と周吉を隣の部屋に呼び出し、医者の立場から母親とみの容態を告げる。」

つぎのような一節がいつまでも心の底に残ってこだました。

“カメラマンの荒木経惟は、小津映画についてこんな感想を述べている。どの映画も同じことのくりかえしで、出てくる飲み屋も同じだし、どれもちゃぶ台のある場所に人が集まるから、作品をいくつ見ても、どれがどれやらわからない。だが、作品は人の往来なのだと気づいたという。人のいない画面をまず映し、そこに人が現れ、立ち去っていく。つまり、無の中に有を表現し、消えてしまう。小津は人の去ったあとの画面を二、三秒映し、そこに「もののあはれ」を漂わせるのだという。」(「二  季節ににじむ哀感」より)

c0193136_08092221.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2018-04-12 07:17 | | Trackback | Comments(6)


音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち

プロフィールを見る

検索

お気に入りブログ

梟通信~ホンの戯言
新・クラシック音楽と本さ...
Oyo-の日々
私たちは20世紀に生まれた

最新のコメント

藤田的な、あくまでも藤田..
by k_hankichi at 08:33
うむむ、ちょっと気になっ..
by maru33340 at 08:22
saheiziさん、それ..
by k_hankichi at 22:54
狂言に「~で~す」という..
by saheizi-inokori at 21:02
お楽しみに!
by k_hankichi at 18:07
神保町、久しく行けてない..
by maru33340 at 11:56
映画のなかで、皆が堪能し..
by k_hankichi at 17:17
ベートーヴェンの14番。..
by maru33340 at 12:41
泣きます。監督は自分のた..
by k_hankichi at 06:12
泣きそうに、なります。
by maru33340 at 22:42

記事ランキング

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体

クラシック音楽

映画
ポップス
テレビ番組
美術
一般
社会
食べ物
街角・風物
夢物語
未分類

外部リンク

その他のリンク

■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新のトラックバック

『龍宮』
from 観・読・聴・験 備忘録
蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言

ブログパーツ