2018年 02月 07日 ( 1 )

小説家の対談に深い淵を見た

大江健三郎と古井由吉の対談集は難しかった。けれども、おぼろげながら謂わんとしているところは捉えることが出来て、また、小説家というのは大変だなあということも切々と伝わってきた。『文学の淵を渡る』(大江健三郎 & 古井由吉、新潮文庫)。

対談のなかで彼らは次のように言っている。

大江: 小説を書いて三十年たって思うことは、相当多くの言葉の石を蹴飛ばしてきた経験だけが残っているということです。それがハンディにもなっている。使ってきた大量の言葉を洗い流して、基本的な枠組みだけを残して、これが私です、今までの仕事は全部このためのじゅんでしたといえればいい。小説家はそれを夢見て生きているのだと思います。しかもそういうことはしだいにやりにくい形に今日の文学がなってきているという気もします。(中略)

古井: 五十代半ばにかかって、どうかすると、ここで一つ鞭をいれると、よく走る小説になるのではないかと思ったとき、怖くてとめることがありますね。

以上、「群像」1993.1月「小説・死と再生」からの篇。

これは、今から25年前のやりとりだ。僕たちはもう既に、そのころの大江さん古井さんの年齢を超えてしまった。

六十を前にして、小説家たちはまだまだ途半ばだと思っている。あらあらそれに引きかえ、サラリーマン稼業の我々はどうしたことだろうか。

ものを書いて生計を立てるなんて、随分と悠長な気楽な商売だよなあ、となかば思っていた自分を恥じた。

c0193136_18171983.jpg


[PR]
by k_hankichi | 2018-02-07 07:01 | | Trackback | Comments(4)


音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち

プロフィールを見る

検索

お気に入りブログ

梟通信~ホンの戯言
新・クラシック音楽と本さ...
Oyo-の日々
私たちは20世紀に生まれた

最新のコメント

合唱部! そうだったのね。
by maru33340 at 08:37
おようさん、心を鎮めよう..
by k_hankichi at 07:00
おようさん、心を鎮めよう..
by k_hankichi at 07:00
そろそろ私もモーツアルト..
by Oyo- at 19:30
なかなか痛快な作品でした!
by k_hankichi at 15:24
観たね!
by maru33340 at 14:31
穂村さん、読めますとも!
by k_hankichi at 09:32
読めるかな、僕に。 あ..
by maru33340 at 08:31
その社会がおかしいと、違..
by k_hankichi at 07:47
うんうん、こわ~!
by Oyo- at 15:02

記事ランキング

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体

クラシック音楽

映画
ポップス
テレビ番組
美術
一般
社会
食べ物
街角・風物
夢物語
未分類

外部リンク

その他のリンク

■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新のトラックバック

『龍宮』
from 観・読・聴・験 備忘録
蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言

ブログパーツ