2018年 01月 31日 ( 1 )

夜汽車は何とも物哀しい。昼の列車と比べて車内は静かで、大抵の人がまどろんでいたり、持っていたはずの本や携帯電話は掌から溢れ落ちていたり、起きている人でも、気怠い風情で車窓を横切る光の軌跡を追っているだけだったりする。

そんななか、男はムシャムシャと駅弁を食す。ご飯は、二段重ねだ。ご飯、鰹のしっとり振りかけ、海苔、ご飯、海苔の順で、学生時代に母親から持たされた弁当にそっくり。

おかずも定番のものばかりだけれど、玉子焼きは特に大きくて、食べてしまうのが勿体ないくらい。

福豆屋の駅弁は、どれを選んでも外れがなくて満足すること至極。僕は「のりべん」が一番推しなのだけれど、しかし、実は期間限定の「山菜栗めし」のことが気になって仕方がない。

c0193136_19342302.jpg

c0193136_19342750.jpg


[PR]
by k_hankichi | 2018-01-31 19:18 | 食べ物 | Trackback | Comments(3)