2014年 11月 08日 ( 1 )

雨の日はホドラー

秋深しをとみに感じる寒い日だ。鬱陶しい気分になりそうだった。

昼から上野の西洋美術館。ホドラー展。恥ずかしながら、この画家のことは、とんと知らず、しかし平行主義(パラレリズム)という構図に、どこか小津映画に通じるものを感じる。

特に『無限へのまなざし』というジュネーブ美術館の壁画になった作品(この習作が来日)、それから『全員一致』という全体主義的な作品が良かった。『悦ばしき女』という、いまにも舞いあがりそうに陶然とした姿の作品も良い。

カンディンスキーに通じるリズムを感じる。

常設展示も観て周り、久々にエル・グレコの『十字架のキリスト』、カルロ・ドロチの『悲しみの聖母』に、じんとする。

寒き雨の日だけれども、更に寒さの国の画家の絵を眺めていたら少し気持ちが弛み温かくなってきた。

c0193136_1631133.jpg
c0193136_16301528.jpg

■"View into Infinity"(1916) →http://uploads5.wikiart.org/images/ferdinand-hodler/view-into-infinity.jpg

■"Unity"(1913) →http://www.wikiart.org/en/ferdinand-hodler/unity#supersized-artistPaintings-255156
c0193136_10482192.jpg
By Foto: Bernd Schwabe in Hannover (Own work) [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons

■"Femme Joyeuse"(1911) →http://en.wikipedia.org/wiki/Ferdinand_Hodler#mediaviewer/File:Ferdinand_Hodler_-_Femme_Joyeuse,_1911.jpg
c0193136_10413458.jpg
"Ferdinand Hodler - Femme Joyeuse, 1911" by Ferdinand Hodler - Christie's, LotFinder: entry 1938572. Licensed under Public domain via Wikimedia Commons - http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ferdinand_Hodler_-_Femme_Joyeuse,_1911.jpg#mediaviewer/File:Ferdinand_Hodler_-_Femme_Joyeuse,_1911.jpg

■"無限へのまなざし"のYoutube説明 →http://youtu.be/Hq1kgw8qRkc

[PR]
by k_hankichi | 2014-11-08 14:41 | 美術 | Trackback | Comments(4)