ふと切り替えたチャンネルに、思わず心が留まった。セザール・フランクのヴァイオリンソナタを特集しているNHK・Eテレの『ららら♪クラシック』だった。

最終楽章はカノン形式を駆使しながら、終末に向かって高揚して盛り上げていく、その手法を説明してくれていて、分かりやすかった。

アラベラ・美保・シュタインバッハというソリストの演奏を初めて聴く。フランクを聴きこんでいた学生時代の思い出が、ふっと湧いてきた。元気の片鱗が、すっと身のなかに入り込んできた感じがした。

■フランク ヴァイオリンソナタ・イ長調 第4楽章(Vadim Repin and Nikolai Luganskyによる) →http://youtu.be/zH2IK0UWhgI


■アナベラ・シュタインバッハのポートレート →http://youtu.be/-vPOBkTIL6A

  
[PR]
by k_hankichi | 2014-08-30 22:21 | テレビ番組 | Trackback | Comments(3)