新・はんきちのつぶやき
hankichi.exblog.jp

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
記事ランキング
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
カテゴリ
外部リンク
その他のリンク
■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ
最新のトラックバック
『龍宮』
from 観・読・聴・験 備忘録
蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言
ブログパーツ
2014年 07月 28日 ( 1 )
『もしドラ』どころではない目の覚めるような黎明の書・・・『憲法主義』(内山奈月、南野森)
日曜日の天声人語に、憲法学者の南野森がAKB48の内山奈月に日本国憲法を講義した議事録が本になっていることが紹介されていて、すぐに買い求め、一気に読んでしまった。『憲法主義 条文には書かれていない本質』(内山奈月、南野森、PHP研究所)。→http://www.php.co.jp/kenposyugi/

法学を学んだことがなく政治にも疎い僕にとって、何度も目から鱗が落ちる、物凄くわかりやすい憲法解釈書だった。第1講「憲法とは何か?」、第2講「人権と立憲主義」、第3講「国民主権と選挙」、第4講「内閣と違憲審査制」、第5講「憲法の変化と未来」から構成される。

「憲法は誰を対象にしているのか」という質問が途中に出てくる。その答えは「国民」ではなく「国家権力(者)」であるということも初めて理解できた。憲法を守らなければならないのは国家権力であって、われわれ一般人、国民は法律を守らなければならないのだ。国民は憲法によって守られる存在であって、憲法によって縛られる存在ではない。

集団的自衛権の行使の件についても、憲法改正を経ずに解釈の変更(解釈改憲)でもって進めていこうとする危険性について、ようやっと腹落ちした。それをいったん許し始めたら、憲法の拘束力そのものが弱まっていくことになる。つまり、国家権力を縛り切れなくなり暴走が始まるのだ。

それにしても、これらの講義のなか、先生の質問に的確にこたえていく内山さんの秀才ぶりには驚愕した。講義時は高校3年生だった内山さんは、日本国憲法の全文をほぼ暗記していて、どの条項に何が記載されているかを即座に応えることができているのだけれど、単に暗記しているだけではなく、自分自身できちんとした解釈が出来ている。僕などには及びもつかぬ俊敏なキレがある。(彼女は現在、慶應義塾大学の経済学部1年生だという)。この先、彼女はアイドルを終えたあと、有能な社会人(あるいは政治家か)になっていくだろうことを予感させた。

本の売り文句には、『もしも国民的アイドルが、日本国憲法を本気で学んだら......。』という、『もしドラ』の二番煎じ的な説明があるのだけれど、僕にとってはそれどころではない目の覚めるような黎明の書だった。

■南野准教授による内山さんへの講義の様子 →http://youtu.be/azhGeAGWcF0
  

憲法主義:条文には書かれていない本質

内山 奈月 / PHP研究所

スコア:


 
[PR]
by k_hankichi | 2014-07-28 00:11 | | Trackback | Comments(4)