タイムマシンのように楽しめた小一時間

藤田の番組が放映されると友人から教えてもらい、朝に背筋を伸ばして始まるのを待った。→http://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2018-09-09/31/19550/1902774/

良い構成の番組で、なかでもやはりランス市に寄贈された膨大な資料のなかから発掘された藤田の肉声が圧巻。初めて公開されたそう。

絵や作品群だけでなくたくさんの著作を残した藤田がやっていなかったのが、声を残すということ。それを意図して準備して吹き込み。後世の人々のために届けてくれた。

タイムマシンのような素晴らしい小一時間だった。

■藤田似の美術学者の記事も新聞に載っていた。
c0193136_13180323.jpg
■以前の『美の巨人たち』から



[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/29733250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2018-09-09 15:13 x
藤田嗣治の人柄が出ている素敵な声に驚きでした。16日にも再放送があるようで有り難うございます(^_^)v
Commented by maru33340 at 2018-09-09 15:48
うん、良い番組だったね。
基本的に昨日の番組とナレーション部分は同じ構成だったし、藤田の肉声は同じ箇所の放送でした。
2度聞いてもあの藤田自身の肉声には泣けました。
天国のFOUJITAもきっと満足しているんじゃないかなあ。
Commented by k_hankichi at 2018-09-09 18:49
maruさん、おようさん、フジタの世界は、本当に毎回驚かされます。これからも深く深く浸りたい。
by k_hankichi | 2018-09-09 13:13 | テレビ番組 | Trackback | Comments(3)