静謐という言葉は自然のなかにもあった

ターナーはこんな風景を心の底の記憶に留めながら、それとは対照的な都会の風景、街角、蒸気機関車、港の日の入りを描いていたのだと思った。

車窓から眺める英国の田園風景は、どこまでもどこまでも何事もなく広がっている。羊や牛、馬が草原にいても、それは全く静かで、首を垂れているものは音もなく食んでいる。

静謐という言葉は自然のなかにもあるのだと分かった。

c0193136_16060054.jpg
c0193136_16102323.jpg
c0193136_16121646.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/29680599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2018-08-10 21:06
ああ、これはもう実にターナーだなあ。
Commented by Oyo- at 2018-08-10 23:17 x
ターナーの世界ですね^^

スコッチウイスキー飲んでいらっしゃるかな~!
Commented by k_hankichi at 2018-08-11 06:11
おようさん、maruさん、ターナーが、そこここにありました。
スコッチではなく、ジンを飲み続けました。
by k_hankichi | 2018-08-10 15:59 | 街角・風物 | Trackback | Comments(3)