音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

吉田健一の命日から迷宮入りに陥った

今日が吉田健一の命日だということを、調べ物をしていて初めて知った。1977年のことだから、僕がまだ高校生のときになる。

三年生だった僕は、運動部の現役最後として夏合宿やら練習に明け暮れ、受験勉強もその合間にしたりして(とは言え殆ど身に入らずに)、暑い毎日を過ごしていた。

吉田さんという作家・文芸評論家の存在を全く知らずにいた、いわば愚鈍である。

今から思えば、もっと早くから彼の文学に親しみその真髄か、あるいはその欠片でも理解していれば、それから挑む大学として文学とか哲学とかを志していただろう。

この41年間の取り返しはもうつかない。

W. W. ジェイコブスの短篇小説『猿の手』(The Monkey’s Paw)の世界ならば、猿の手のミイラ(三つの願いを叶えてもらえる)を使うことを考える(この小説は実におっかなくて、今でも思い出すだけでぞっとするけども)。

まずは高校生時代のそのころに戻らせてもらう願いを掛ける。しかし、そうするとやはり、その時代の僕に会うのは、おじさんになった僕で、若い彼にどうコンタクトするのか切っ掛けが掴めない。

何とか切っ掛けが掴めて、そして吉田さんの小説を教えてあげたとしても、それを共に楽しむ友人は居ないから、本は放ったままになってしまうだろう。

僕の今の親友は、そのころ多分、夏目漱石が生まれた早稲田の喜久井町の下宿にいるはずで、彼に頼みにいってもよいが、しかし彼もまだ吉田健一の小説は読んでいないのではないのか。本を楽しむ友が居なければ、興が乗らないのは当然だ。

だから、二つ目の願いとして、無理矢理でも二人それぞれに読むようにさせて欲しい、ということを頼むことになる。

読んでくれることになるだろう。しかし、喜久井町の友人とは高校も別で、実はだから互いに知らない者同士。三つ目の願いとして彼と秋葉原の石丸電気のレコード売り場で出会うことを頼むことになる。

しかしだ。会えたとしてその吉田健一を楽しむ関係になってくれるのか。

第一、願いを全て使い果たしてしまうから、おじさんの僕は現代に戻れなくなる。良いのか?

だんだん分からなくなってきました。

■重宝して使っている伸縮する「孫の手」。おもむろに眺めていたら「猿の手」のように思えてきてこんな妄想になってしまった。
c0193136_15340510.jpg


[PR]
by k_hankichi | 2018-08-03 17:15 | 夢物語 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/29668122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2018-08-03 19:43
迷宮やなあ(笑)
Commented by k_hankichi at 2018-08-03 21:34
ラビリンスです。
Commented by Oyo- at 2018-08-04 09:47 x
もうもうもう・・・
猛暑お見舞い申し上げます(^-^)
Commented by k_hankichi at 2018-08-04 12:00
おようさん、はい!猛暑お見舞い申し上げます。