音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

まるっきり聴いたことがないような瑞々しさに包まれたバッハ

まるっきり聴いたことがないような、摩訶不思議な感覚に包まれた。友人から知ったトーマス・ヘンゲルブロックという指揮者とフライブルク・バロック・オーケストラ。バルタザール=ノイマン合唱団による演奏である。

僕はそれがどのような演奏なのか分からぬまま、思い切って彼がドイツ・ハルモニア・ムンディで録音した音盤集を買い求めていた。

もちろんバッハのロ短調ミサ曲から聴き始めたが、不安は一瞬にして消え去った。一瞬にして。

バッハの音楽を耳にして、ぞわぞわと新鮮さと瑞々しさというものが迫ってきた若い頃の思い出が蘇った。しかもそれは此れまでに聴いたどんなバッハとも似通っておらず、ロ短調ミサ曲にしても、あれえ?こんな曲だったのかなおかしいなあ、でもああこの瑞々しさとはいったいなんなの、あら何という心地よさ、という感じなのだ。

かといって、それは奇を衒ったものではなく、表現するとすれば、真摯な静謐な誓いとともに発した音魂と言葉。

このグループの他の音盤を少しずつ聴いていきたい。生きるということへの新鮮な気づきが隠されているのだと思うと、この歳になっても心躍るものがある。

c0193136_09131474.jpg


[PR]
by k_hankichi | 2018-07-08 08:56 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/29620681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2018-07-08 12:40
最初の音からして今まで聴いたことがない風通しの良い音がしてしかしそれは間違いなくバッハの音楽なのでそれは大きなものの前でひれ伏すような響きではなくていつも自分の隣にいてこちらの話すことに静かに微笑みながら頷いてくれる人のような安らぎに満ちている。
Commented by Oyo- at 2018-07-08 13:26 x
Thomas Hengelbrock・・・何か聞いたことのある方・・・何処でかしら・・・思い出せない(>_<)
Commented by k_hankichi at 2018-07-08 14:11
maru健さん、まさにそうですねえ。
おようさん、評することは、おこがましい、本当に素晴らしい演奏です。