新・はんきちのつぶやき
hankichi.exblog.jp

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
記事ランキング
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
カテゴリ
外部リンク
その他のリンク
■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ
最新のトラックバック
『龍宮』
from 観・読・聴・験 備忘録
蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言
ブログパーツ
またも号泣する準備は出来ていなかった

またも号泣する準備は出来ていなかった。出張先に向かう機内で一足先に映画『ウィンストン・チャーチル / ヒトラーから世界を救った男』(原題: Darkest Hour)を観てのことだ。


戦争下で首相に着いたウィンストン・チャーチル。敵のヒトラーはオランダ、ベルギーを陥落させフランスをも蹂躙しはじめていた。カレーやダンケルクに派遣していたイギリス軍も窮地に陥るなか、戦時内閣の他のメンバーたちは、ムッソリーニを介してヒトラーとの和平交渉にあたりたいとした。


和平交渉に入るのか。その場合その先はどうなるのか。全土を隷属させるこおになるのか、それとも徹底抗戦するのか。チャーチルは悩む。


グレートブリテンの国王に次ぐ立場の男は、どのように意を決していくのか。


それは突然訪れる。座席で号泣するばかりの東洋の男は、キャビンアテンダント訝しげな視線を再びまた浴びて、もうどうすることも出来なくなる。


流れる涙を拭うハンケチもなく、手の甲でそれを拭いては服になすりつける。


チャーチルが引用する言葉が留めを打つ。おいおいと嗚咽が出てそれを御すことができない。


みずからを相手の身に委ね、相手の手により己の屍を晒すよりは、みずから闘い譬え負けようとも我らの島国を守るのがわが祖国の男だ、というようなことを語る。


一国を率いる男の言葉として、これ程気高いものはない。


スタッフ

監督: ジョー・ライト

キャスト

チャーチル: ゲイリー・オールドマン

クレメンティーン・チャーチル: クリスティン・スコット・トーマス

エリザベス・レイトン: リリー・ジェームズ

製作

ユニバーサル、2017年、イギリス


c0193136_04392085.jpg



[PR]
by k_hankichi | 2018-03-12 04:37 | 映画 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/29365114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2018-03-12 07:02
これは観たいと思ってた。日本国内公開は月末かな。
Commented by Oyo- at 2018-03-12 10:22 x
お気をつけて。
Commented by k_hankichi at 2018-03-13 05:16
maruさん、是非に。日本公開は、そうみたいです。
おようさん、はい。ありがとうございます。