ダサくなかった獺祭

日本酒はあまり得意ではなかったから、『獺祭』についてはこれまでずっと遠巻きにして意図せずとも避け、新規性豊かな製造手法についてのさまざまな話題も、またちょっとしたことを大袈裟にねえ、話題先行なやつね、と軽んじていた。

一昨日が変わり目だった。

友人たちとの宴で訪れた店では、その銘柄の基本中の基本である「獺祭 純米大吟醸50」があって、僕以外の皆は一騒ぎになり、そしてそれを飲むことになった。

気乗りせぬままその冷や酒の一杯目をお猪口で呑んだ途端に、びっくり仰天、こ、これは何とスムーズに喉を通るのだ、と目ん玉が落ちそうになる。

そして、次から次へと杯を傾け、周囲の仲間たちにも進めるふりをしながらその手を返し自分の盃に向け、すぐに飲み干し次の酌に移る。所謂、底を絶やさないとでもいう飲み方になった。

「はんきちさん、狂っちまったぞ、ねじ切れとる」

そんな声が上がれども意に介せず、一心不乱に飲み続けた。日本酒観が変わった。

味をしめた僕は、昨日も酒屋で同じものを物色し、見つけたそれを買い求め、晩酌に楽しみながら深い眠りに落ちた。

夜の夢は甘く切なく、ちょっとほろ苦いものだったが映画のような美しさだった。

c0193136_06502834.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/29250401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2018-02-08 10:35 x
深酒のよう、おきをつけてー、でも気持ち良い夢をみていらっしゃるので一安心(*^^)v
Commented by k_hankichi at 2018-02-08 17:48
おようさん、このお酒、佳い夢を見られますよ!
Commented by maru33340 at 2018-02-08 19:52
獺祭を飲んだことはあるはずだけどこれが獺祭だと思って飲んでいないからどんな味だか覚えていないので、酔いたいから飲むのではなく旨いから飲むという飲み方はなかなか出来ないから困る。
Commented by k_hankichi at 2018-02-09 08:08
獺祭とはどこかの祭りのことかと思いながら飲んでいたその酒は余りに旨いから盃がどんどん進み、そのうち飲んでいるのが酒なのか空気なのか分からなくなって酒の銘のことはどこかに消し飛び霧のなかを漂うようでだからそういう酒が獺祭なのだと後から思い出して分かった。
Commented by Oyo- at 2018-02-10 15:10 x
獺とはカワウソと読むのですよね。騙されるくらい酔い心地酒、飲んでみなければ・・・^^
Commented by k_hankichi at 2018-02-11 07:25
> Oyo-さん
そうなんです、ぜひともご賞味ください。「・・・50」という銘柄が基本です。一番廉価でもある。
by k_hankichi | 2018-02-08 06:28 | | Trackback | Comments(6)