カズオ・イシグロ入門書に触れてみて

カズオ・イシグロの小説はあらかた読んでしまった感があり、その一作一作の濃度の濃さに改めて感じ入る。そんななか、ブログ友人も読まれていた文芸雑誌『ユリイカ』平成29年11月号の特集や、「その深淵を暴く」という週刊誌的サブタイトル入りの『カズオ・イシグロ読本』(宝島社)も読んだ。

前者のほうがしっかりとした文芸評論、解析になっているけれど、意外に後者の内容も読みやすかった。過去にカズオ・イシグロが自ら語ったことや、さまざまな評論家が語った事柄をつなぎ合わせただけなのだけど、なるほどと思うことが多くある。

カズオ・イシグロのインタビューから。

「人生とは、人が考えているよりもいかに儚くて短いものか。だからこそ、愛を求めるし、過去を振り返ることによって自分の人生の重要な時間を見つけ出そうとする」(「すばる」1011年5月号)

人生、愛情、過去がイシグロワールドなのだという。

『日の名残り』について、橋冨政彦さんは以下のように書く。

「過去を振り返る時、過ちを認めずに自分自身を肯定しようとする誘惑から逃れることは難しい。人は無意識のうちに本心を偽り、あいまいさや不正確さを利用して話をすり替えわ新しく記憶をつくり変えていく。感情を表現することを恐れ、自分の信じた価値観にしがみつき、記憶を改鼠(そ)してまで尊厳を保とうとするスティーブンスは私たち多くの人々の写し絵なのだ。(中略)だからこそ、読者は現実に容赦なく欺瞞を打ち倒された老執事の姿にシンパシーを覚え、胸を衝かれるのである。」(「信頼できない語り手①」より)

作品を再読することで、また新たな気づきがありそうだ。

c0193136_09480477.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/29151914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2018-01-19 07:21
勉強になるなり。
Commented by k_hankichi at 2018-01-19 07:45
maruさん、文学は一生ものですなあ。
Commented by saheizi-inokori at 2018-01-19 09:49
そうですね、過去の自分の正当化、痛いほどよくわかります。
もういちど読んでみようかな。
Commented by Oyo- at 2018-01-19 20:29 x
イシグロワールドの尽きない私です。宝島社のは読んでいませんがユリイカの中でそれぞれの英文学ご専門の方々の文には心動かされ特にP77の中嶋彩佳さんの「カズオ・イシグロの小説における翻訳の名残り」は何度も読んでいます(^_^)v
Commented by k_hankichi at 2018-01-20 21:20
おようさん、脱帽です。なかなか読み込みできていません。saheiziさん、しばらく経たあとの感慨が絶妙と思います。
by k_hankichi | 2018-01-19 06:21 | | Trackback | Comments(5)