天変地異に晒されて

最早梅雨はどこにあるのかと思うほどの暑い毎日。しかし朝晩は雷雨の応酬に見舞われ、自然が創りだすパワーの無尽蔵さに驚嘆する。

大量の雨は山野を切り崩し、濁流とともに生きとし生けるものを、怒濤の如く飲み込み消し去る。

雷雨はついに送電網を絶ちきり、日々の生活のなかに全く遠慮もなく切り込んでくる。

こういったときに、はっきりと僕らの社会というものが人間たちの手前勝手でもって築き上げられたことを思い知る。

思い知れども、新聞テレビなどの報道は、自然が我々に悪さをしているという論調口調で、「どうにかしてくろコノ狂った自然どもめ」「人々を飲み込んでコンチクショウ」、というようになっている。

我々は如何に傲慢にこの地球上に社会と名のつく仕掛け、インフラという名の魑魅魍魎を造っているのかを、まず最初に表明すべきで、「すみませんでした、自然さま、われわれ向こう見ずにも傲慢でした」「まず始めにこれをお詫びします」と言わなければならない。

自然の猛威に対しての謙虚さがどれだけあるのかが、これから未来の人類の存続の有り無しに懸かっている。2011.3.11だけでなく、全ての出来事はそういうことの因果応報。

神を崇めることでしか、心の救いはない。そしてそれも「救われた気がする」だけで、自然は何事をも遥かに超越する。超越し続けて何も態度を改めず、何も語ることもない。

■何事もないかのような渋谷。
c0193136_17514715.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/26822530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2017-07-18 19:26
雷は怖いがどこか魂の奥底を揺さぶられるような解放感も与えてくれる気がする。
Commented by k_hankichi at 2017-07-18 22:50
maruさん、はい、そうです。人間のちっぽけさを知らしめてくれ、それがその解放感にも繋がっている。
Commented by Oyo- at 2017-07-19 09:03 x
昨日Meine Tochterと埼玉県の方から都心に向かおうと走っていたところ、午後の猛烈な雷雨に遭遇、近くのファミレスで凌ぎました。渋谷近辺は降らなかったのですね。池袋すごかったようです。木々の葉っぱが散りばめられていました。
Commented by k_hankichi at 2017-07-19 20:31
おようさん、自然の猛威でしたね。池袋は、雹が降ったと聞きました。
by k_hankichi | 2017-07-18 17:05 | 社会 | Trackback | Comments(4)