現代音楽による伴奏の『ひよっこ』

出張で朝の連続ドラマ『ひよっこ』が観られなかった。毎日の元気の素なので、結構シンドイ一週間だった。

ようやっと録画を観終える。今週は「恋、しちゃったのよ」というサブタイトル。7月14日の放映は、慶応大学の学生、島谷純一郎(竹内涼真)と、矢田部みね子(有村架純)が、東京タワーや大学キャンパスにデートする場面。

相手のありのままの人間としての姿が好きなのだ、と互いに語り合う場面に感動するとともに、そのバックグラウンド音楽がとても良かった。不安なる精神のざわめきが現代音楽的なピアノ管弦楽で奏でられ、心許なく研ぎ澄まされた気持ちの昂ぶりが重なるよう。

このドラマはストーリーだけでなく、主題歌や、昭和の歌謡曲、そしてBGMも一級品で、だから猶更素晴らしい。

■ピアノ管弦楽のシーン。7/14(金) 8:05~8:06。
c0193136_13335577.jpg

■珠玉の挿入曲の一つをギターで弾くバージョンを見つけ、これにも感銘した。

[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/26815642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by k_hankichi | 2017-07-15 13:00 | テレビ番組 | Trackback | Comments(0)