音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

フルーツトマトを見くびっていた

昨日から出張。晩は行きつけのお店で食事をしながら酒を呑む。

献立も夏の料理に変わっているので戸迷うが、暑いときには豚肉が良いと聞いたことを思い出して角煮を頼む。

口にしてみると何の抵抗もなく肉が解(ほど)け、しかし軟体ではない絶妙の歯触りだ。少量の和辛子との相性は堪らなく、天女の舞というような精神状態となる。

いつものカニグラタンに移る前に、少し野菜を食べたくなり、訊ねてみると今日はサラダの用意が無い。思案にくれていたら「フルーツトマトは如何ですか」と勧められた。

トマトは野菜なのにフルーツと称するのは如何なものかと常々思っていたので、顔には出さないが不機嫌になる。途方に暮れていたら、「美味しいんでございますのよ」と再度後押しがある。

ふーむ、と思いながら承知する。

料理が出てきた。かき氷状にうやうやしく並べられていて大層仰々しい。天然塩まで添えられている。陛下向けの料理の構えだ。なにさまだ。気にくわない。

箸に取って、何だかなあという形相で口に入れてみる。

と、どうしたことか・・・。そこは竜宮城に様変わりした。

豚角煮の天女が舞い戻るとともにサンクトゥスの音楽が優しく囁かれエンジェルがそこかしこにファンファーレを鳴らしている。

なにこれ、わたし知らぬここはどこ。先端で、さすわさされるわそらええわ。

フルーツトマトを見くびっていた自分は途方もない愚か者だった。

暗転。

「フルーツトマトは天女とエンジェルの舞」

c0193136_08035103.jpg



[PR]
by k_hankichi | 2017-07-06 08:03 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/26793085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2017-07-06 09:28 x
フルーツトマト
エンジェルの如し
氷の上の輝き
真似して戴く
(^・^)
Commented by k_hankichi at 2017-07-06 18:18
おようさん、僕はまだまだ食わず嫌いのものがありそうです。
Commented by maru33340 at 2017-07-07 07:14
そう、旨いんだよ
フルーツトマト
どうだい?
フルーツトマト
Commented by k_hankichi at 2017-07-07 07:35
だめだめ
おじさまにはだめよ
お酒でも、お呑みになってらして
私たちのお楽しみなの、これ
トマト、フルーツトマト