フルート・ビオラ・ハープのためのソナタで終える夏

湿り気が抜けた朝の風に秋が入り込んでいることを感じた。

そんな案配のなかに聴いているのは、クロード・アシル・ドビュッシーのフルート・ビオラ・ハープのためのソナタ。

オーレル・ニコレ、今井信子、吉野直子による。

過ぎ行く季節に後ろ髪を引かれながら、移ろいゆく時のながれを諦観と郷愁が入り混じった気持ちで身を任せる。

友人はドビュッシーのピアノ曲についての解説書を読んでいるそう。

もしかするとこれは、フランス近代音楽が現在のこの混沌とした社会や人々の生きざまに対して、一服の清涼剤、緩和剤(いや鎮痛剤か)になるだろうことの暗示なのしれない。

武満徹、ドビュッシー他:フルートとヴィオラ、ハープのための作品集

ニコレ(オーレル) / ユニバーサル ミュージック クラシック

スコア:


[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/25942145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2016-08-31 08:27 x
今朝は窓を開けると秋の香りが漂ってきました^^
私もドビュッシーを聴きましょう(*^^)v
Commented by maru33340 at 2016-08-31 10:24
夏から秋に移り変わる今の季節には、水のゆらぎを感じさせるフランス近代音楽が似合うのかも知れないね。
Commented by k_hankichi at 2016-08-31 19:33
maruさん、おようさん、ドビュッシーの吐息が聞こえます。
by k_hankichi | 2016-08-31 07:44 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)