弦楽四重奏によるバッハのフーガ集

週末に買い求めた音盤のひとつは、バッハの平均律クラヴィーア集からフーガだけを選んだもので、それを弦楽四重奏で演奏したもの。実に多彩な曲たちばかりだけれど、ピアノで聴くものよりも構築性が手に取るように分かり、そしてその重畳されたような効果が、あらたな夢幻の境地を作り出す。

この曲集は、ハイドンやモーツァルトと同時つぃのオーストリアの作曲家、エマヌエル・アロイス・フェルスターによって弦楽四重奏のために編曲されたものだそうで、なんと世界初録音だという。こんな素晴らしい曲集が、これまで知られていなかったということにも驚く。

蒸し暑い夏の日にも、バッハのフーガは高い蒼穹に吸い込まれていく。

■曲目:J.S.バッハ/フェルスター編曲:平均律クラヴィーア曲集から4声のフーガ集
■演奏:エマーソン弦楽四重奏団
   ユージン・ドラッカー(ヴァイオリン)
   フリップ・セッツァー(ヴァイオリン)
   ローレンス・ダットン(ヴィオラ)
   デイヴィッド・フィンケル(チェロ)
■収録:2007年12月、American Academy of Arts and Letters, ニューヨーク
■音盤:ユニバーサル UCCG-1392

バッハ:フーガ集

エマーソン弦楽四重奏団 / ユニバーサル ミュージック クラシック

スコア:


[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/25917514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2016-08-22 00:35 x
フーガばかりの弦楽四重奏とは(*_*)聴いてみたいです^^
Commented by maru33340 at 2016-08-22 07:30
さがそ。
by k_hankichi | 2016-08-21 21:31 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(2)