日本以外のメダリストの美技も見たい、話を聞きたい

リオデジャネイロ・オリンピックの日本選手の応援をしているだけで、一日が過ぎる。テレビを前に応援をしているだけで声が枯れる。

メダリストインタビューは楽しい。気合が入った佇まいに、ただただ感心し、感銘する。

しかしどうして日本選手のことばかり報道するのだろう。日本選手が敗れた世界の強豪の状態を知りたい。どんだけ凄いのか知りたい。どういう技量と図抜けさで勝ったのかを知りたい。

相手の凄さを知らないと、世界の一番がどの程度にあるのかが分からない。分からないと、我々は凄かった、頑張ったけど少し負けた、と納得してしまうかもしれない。

大本営発表の戦況、成果を見聞きしているのだろうか。大政翼賛会に裏で操られているのだろうか。

あぶない、あぶない、これではあぶない。

.
[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/25887081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2016-08-10 17:59 x
ほんとに・・・(>_<)
Commented by maru33340 at 2016-08-11 07:41
オリンピックは競技は素晴らしいけれどアナウンサーや解説者の「やりました!」的な感動押し付けや毎回「今日本のメダルの数は○個です!」と連呼するのに疲れてあまり見なくなってしまった。
(音を消して見たら良いのかもなあ…)
Commented by k_hankichi at 2016-08-11 10:35
卓球女子は、中国の王暁霞や、北朝鮮のキムソンイの凄いプレーに、ひたすら感嘆。しっかりと頑張った愛ちゃんも素晴らしい。
by k_hankichi | 2016-08-10 07:53 | 社会 | Trackback | Comments(3)