どうしてあなたは、私を知っているの

いろいろな記事を眺めていると、あなたは、その上下や左右に、私がちょっと気になっているような広告を示されます。自動的に、そしてまた、さまざまに切り替わりながら。

まさにいま、この記事を記入しているときにも、そしてまたほかの方々の記事を眺めているときにも、その下側に、あなたは、まさに気がかりな事柄について、広告を流してくださいます。

どうしてあなたは、私を知ってるの。過去の私の興味を消し去っても、そのことにまつわる事柄が広告となってそこにある。

どうしてあなたは、私を知ってるの。もう過ぎ去った昔の私の記憶の欠片から、忘れようとしている事柄を呼び覚ましてくる。

私は、自由でいたい。

私は、無記名な自分でいたい。

私は、どこのだれでもない、自分だけの存在でいたい。

でもあなたは、そういう醒めた、ちょっと疲れた人を前にして、私を弄ぼうとする。

私は、自由でいたい。

私は、無記名な自分でいたい。

私は、どこのだれでもない、つまらない存在でいたい。

でも、つまらない存在でいようとする人を、刺激しようとする。

どうしてあなたは、私を知っているの。私はただの私でいたいだけなのに。

私が、あなたに同じことをしたら、どんな気持ちになりますか。ブラウザさん、教えてくれるとありがたい。

.
[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/25723870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-06-21 23:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maru33340 at 2016-06-22 13:39
Webでの広告表示はほんとに煩わしく「ここに表示された商品だけは意地でも買うまい!」と思ってしまうから、メーカーはお金を出してファンを減らしているだけなのに!と憤慨してたら、自らの所属する会社の商品も出て来たりしてガッカリするなあ。
by k_hankichi | 2016-06-21 22:12 | 一般 | Trackback | Comments(2)