一気にしか飲めない功罪

飲み物を出されたり、自ら買い求めるたびに、じぶんの「さが」に思いを馳せる。そして複雑な気持ちになる。きっとカレーパンマンのような、ちょっと情けない顔つきになっているだろう。

「さが」とは一気に飲んでしまう、ということである。少しずつ味わって飲むことが出来ない。コーヒーのコマーシャルのような飲み方なんて逆立ちしても出来やしない。熱いものでも冷たいものでも。

■コーンポタージュスープを一気に飲む。
■焼酎ロックを一気に煽る。
■味噌汁を具をあまり確かめずに、ずずーっと飲み干す。
■マウント・レーニアというコーヒー飲料は、蓋を引き剥がして一気に飲む。
■お客さんの前でストローを使わずにアイスコーヒーをコップから飲んでいることに気付き、流石にストローを挿す(が時すでに遅し)。
■シャンパンが、くいっくいっと空く。
■赤ワインも同じである。
■バイチュウという強烈な中国酒でも大丈夫である。
■コーンフレークに牛乳をかけても、スプーンを使うのが面倒くさく、椀から飲み込む。
■トマトジュースは、早く飲みすぎて味が分からない。

「随分はやいね。」
「加減して飲めないの?」
「ごはんやおかずのまえに飲み終えてはバランス悪いわね。」
「一気ですか!」
(口をあけ、びっくりして、目をシバシバされる)

そういう反応がくる。

そのたびに、悲しくなる。訳が分からなくなる。どうしてなのかな。何故かな。繰り返しだな。

「さが」は直すことができないから「さが」という。この言葉の意味を噛み締めた。
[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/24275735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2015-06-18 11:02 x
あー、お気の毒に^^ それなのに笑みが浮かんでしまう私・・・。
きっとお忙しい人生(学び、お仕事等々)を過ごしていらしたまさに「さが」、少しずつ年齢が嵩んでいきます。熱いものは冷まし、アルコール度の高いものは水と共に頂きましょう(*^^)v
Commented by k_hankichi at 2015-06-18 23:22
おようさん、は・・・はい。そのように留意したく存じます。
by k_hankichi | 2015-06-18 07:52 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)