バーンスタインの流麗と華麗:シベリウス・交響曲第5番

シベリウスファンの友人の手前、あまり言えなかったことがある。中学生の頃、ブラスバンド部に入っていて、演目の一つに『フィンランディア』があり、毎日毎日練習に明け暮れていた。僕のパートはホルンでそれほど難しくはなかったのだけれども、あまりに繰り返して演奏しているうちに、この管弦楽曲作品が苦手になっていた。演奏会では張り切って演奏をするにしても、だ。

それもあって、この作曲家の管弦楽曲や交響曲に寄り添っていこうという意欲が出なかった。唯一、ヴァイオリン協奏曲には、その透徹なソリストの音色と響きに惹かれていた。

そんななかで、『シベリウスと宣長』(新保祐司著)を、あまり期待せずに読んだわけで、それまで抱えていたトラウマとのギャップが、「聴きたい」という意欲を掻き立てている。

この著者は、レナード・バーンスタインという指揮者をそれほど好んでいないらしいが(僕も同じ)、そんな彼は、ウィーンフィルと組んだ第5番(ライヴ録音)は、別格的に素晴らしいとしている。1987年9月の演奏だ。次のように書いている。

“このウィーン・フィルの演奏は、まさに圧倒的である。フィンランド、あるいは北方の味わいなどという小癪な鑑賞を吹き飛ばす。このウィーン・フィルのシベリウスは、およそのヘルシンキ・フィルのシベリウスよりすばらしい。ウィーン・フィルのシベリウスは、ヘルシンキ・フィルのシベリウスよりもシベリウスである。まさに、フィンランドのシベリウスではなく、西洋音楽上のシベリウスになっているからである。”

ようやっとその音盤を手に入れて、何度もじっくりと聴いている。

敢えて自分が寄り添おうとはしなかった作曲家、心を寄せ付けなかった指揮者。そしてトラウマがぶつかりあいながら、怒涛の嵐が、いま、僕の身の中で渦巻き、連鎖反応を起こしている。

シベリウスは、自然と大地を礼賛し祝祭し、そのエネルギーは地球全体のマグマを天につなげて解き放つかのような世界を作っている。

ちょうど、Youtubeに、このライヴ演奏の録画がアップされていて、それを観ることで、さらにその渦のなかに巻き込まれている。心地よい。とても、心地よい。(CDの演奏とまったくおなじ音源だ。)

■シベリウス・交響曲第5番変ホ長調・作品82、バーンスタイン指揮、ウィーン・フィル(録音:1987年9月、ムジークフェラインザール) →https://youtu.be/vdXFVw_ceeo

   

シベリウス:交響曲第5番&第7番

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 / ユニバーサル ミュージック クラシック

スコア:


 
[PR]
by k_hankichi | 2015-05-19 00:17 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/24114687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2015-05-19 08:21
この演奏は本当に凄くて、バーンスタインの晩年に到達した境地を感じる。
バーンスタインとウィーン・フィルとの共演は、ブラームス、シューマン、ベートーヴェンどれもお薦めなり。
Commented by およう at 2015-05-19 09:03 x
こちらのシベルウスを聴きながらこのコメントを打っています^^ 部活でホルンの練習が続く様子が微笑ましいです。完璧に向かっての指導者の心意気も(^^♪ ウイーンフィル、スケールの大きさが伝わってきます。私はやはりヴァイオリン協奏曲が好きでーす。本を読みましたら変わりますかしら(^_^)v
Commented by sara at 2015-05-19 10:30 x
好きなものに出会えるのは幸福ですよね。1つの音符、1冊のスコア、かつて音楽家が懸命に書き記し、過去のそれを、今はいない音楽家が懸命に空間に放ち、現代の私たちが受け取る。ある日偶然ここを訪れた私も、シベリウスってやっぱり好きだな~と思いました。出会いに感謝です。
Commented by k_hankichi at 2015-05-20 07:08
maruさん、バーンスタインっていうのは苦手でしたが、これは別格ですね。ブラームス、シューマン、ベートーヴェンもですか。これはもう時間が足りない・・・。

おようさん、はい、本を読むと変わります。お薦め。

saraさん、まさに、音楽と言うのはそういうまさに奇跡的なる出会いだと感じます。


音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち

プロフィールを見る

検索

お気に入りブログ

梟通信~ホンの戯言
新・クラシック音楽と本さ...
Oyo-の日々
私たちは20世紀に生まれた

最新のコメント

正義とはなにか。そういう..
by k_hankichi at 11:17
この監督の映画は観たこと..
by maru33340 at 07:49
まさに、油断大敵也だなあ..
by k_hankichi at 16:14
この人の作品には時々こう..
by maru33340 at 12:39
ありがとう! 「いやぁ、..
by k_hankichi at 17:34
いやあ、モヤモヤが晴れて..
by maru33340 at 12:13
なあるほど。分かります。
by k_hankichi at 08:29
なあるほど。 太刀洗万..
by maru33340 at 08:12
maruさん、マチさんの..
by k_hankichi at 07:57
その台詞のどこに引っかか..
by maru33340 at 07:49

記事ランキング

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体

クラシック音楽

映画
ポップス
テレビ番組
美術
一般
社会
食べ物
街角・風物
夢物語
未分類

外部リンク

その他のリンク

■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新のトラックバック

『龍宮』
from 観・読・聴・験 備忘録
蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言

ブログパーツ