ムソルグスキーの歌劇のピアノ編(小川典子)

プログ(Numabeさんの)で知ったムソルグスキーの歌劇やオーケストラ曲のオリジナルスコア(ピアノ曲)を無性に聴きたくなり、店先の棚を探した。手にとった音盤のなかから意外にも直ぐにそれが現れ、なんども見入って、その幸運を確認した。

1990年代前半のポップスシンガー張りポーズのCDジャケットに、少し気恥ずかしさを覚えながら聴きはじめると、それは素晴らしい演奏だった。

眼下に横たわるロシアの広い大地を眺めるような『ホヴァーシチナ』の前奏曲(モスクワ川の夕暮れ)は、なによりも素晴らしい旋律で、無性にしみじみとした気持ちになる。これだけでも満足だ。

『ボリス・ゴドゥノフ』の戴冠式の場のきらびやかな音魂と和声は、ああ、これはやはり展覧会の絵の作曲家だ、とだれが聴いてもわかる。

ムソルグスキーを聴くと、どこかしら胸の奥で沸々となにかがうごめくものを感じるのは何故だろうか。

■オリジナル・ピアノ版によるムソルグスキー
・『ボリス・ゴドゥノフ』から…戴冠式の場
・同…サンドミル城の庭でのポロネーズ
・『ホヴァーシチナ』から…前奏曲(モスクワ川の夕暮れ)
・同…ペルシャの奴隷娘の踊り
・同…第四幕第二場への前奏曲とゴリスティン王子の出発
・『ソローチンツィの定期市』から…市場(第一幕)
・同…ホパック(結婚式でのウクライナの伝統舞踊)
・組曲『展覧会の絵』(自筆スコアから)
録音:1997.8.15~18、ダンデリド・グラマースクール、スウェーデン
音盤:グラモフォンBIS CD-905

Pictures (Piano Manuscript) / Opera Music

Mussorgsky / Bis

スコア:


[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/16862730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by k_hankichi | 2011-09-17 09:15 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(0)