何が爽快にさせるのか…ヘイリーの『クリスタル』

ヘイリー・ウェステンラのクラシックアリア集、『クリスタル』を聴いている。

さわやかだ。心身の「気」や「情念」や、はたまた血液まで、すべて浄化されていくようだ。

ヘイリーの歌声には、声楽家のそれとは異なり、巧みなビブラートや腹の底から沸き上がるような胸郭共鳴音がない。鍛えられた歌声ではなく、子供の無垢な歌声が、そのまま大人になったようなものだ。

だからこそ、貴重なのだ。

媚びいるもの、へつらい、慢心、まとわりつくもの、にじりにじりするもの、世辞、それらの存在しない世界を、知らせてくれる。

ヘンデルの歌劇『リナウド』から、「私を泣かせてください」。プッチーニの歌劇『ジャンニ・スキッキ』から、「私のお父さん」。パーセルの歌劇『ディドとエネアス』から、「私が土の中に横たわるとき」。

ああ、こんな歌声で満たされたオペラを観に、聴きに行ってみたい。

真夏の太陽を、正面から浴びながら、会社に向かう路すがら、汗も何だか、きれいな気体になって蒸発してゆくみたい。

クリスタル~クラシカル・フェイヴァリッツ

ヘイリー / ユニバーサル ミュージック クラシック

スコア:


[PR]
トラックバックURL : https://hankichi.exblog.jp/tb/14851533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by N-styel at 2010-07-28 08:14
<ヘンデルの歌劇『リナウド』から、「私を泣かせてください」。プッチーニの歌劇『ジャンニ・スキッキ』から、「私のお父さん」。パーセルの歌劇『ディドとエネアス』から、「私が土の中に横たわるとき」。

ああ、こんな歌声で満たされたオペラを観に、聴きに行ってみたい。

私もご一緒したいです!!!! (^^)
開演日、ご一報お願いしま~~す♪♪

Nao☆
by k_hankichi | 2010-07-28 07:52 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(1)