<   2018年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

カズオ・イシグロ入門書に触れてみて

カズオ・イシグロの小説はあらかた読んでしまった感があり、その一作一作の濃度の濃さに改めて感じ入る。そんななか、ブログ友人も読まれていた文芸雑誌『ユリイカ』平成29年11月号の特集や、「その深淵を暴く」という週刊誌的サブタイトル入りの『カズオ・イシグロ読本』(宝島社)も読んだ。

前者のほうがしっかりとした文芸評論、解析になっているけれど、意外に後者の内容も読みやすかった。過去にカズオ・イシグロが自ら語ったことや、さまざまな評論家が語った事柄をつなぎ合わせただけなのだけど、なるほどと思うことが多くある。

カズオ・イシグロのインタビューから。

「人生とは、人が考えているよりもいかに儚くて短いものか。だからこそ、愛を求めるし、過去を振り返ることによって自分の人生の重要な時間を見つけ出そうとする」(「すばる」1011年5月号)

人生、愛情、過去がイシグロワールドなのだという。

『日の名残り』について、橋冨政彦さんは以下のように書く。

「過去を振り返る時、過ちを認めずに自分自身を肯定しようとする誘惑から逃れることは難しい。人は無意識のうちに本心を偽り、あいまいさや不正確さを利用して話をすり替えわ新しく記憶をつくり変えていく。感情を表現することを恐れ、自分の信じた価値観にしがみつき、記憶を改鼠(そ)してまで尊厳を保とうとするスティーブンスは私たち多くの人々の写し絵なのだ。(中略)だからこそ、読者は現実に容赦なく欺瞞を打ち倒された老執事の姿にシンパシーを覚え、胸を衝かれるのである。」(「信頼できない語り手①」より)

作品を再読することで、また新たな気づきがありそうだ。

c0193136_09480477.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2018-01-19 06:21 | | Trackback | Comments(3)

一人百様の人生のありよう・・・『森へ行きましょう』

川上弘美の小説『森へ行きましょう』(日本経済新聞出版社)を読了。同社の夕刊に連載されたものだそう。一人百様の人生があることをしみじみと知る。

語り手は孤空高くから我々のそれぞれの人生を眺め、それを淡々と伝える。

“ルツは知らない。ルツがそうであったかもしれないもう一人の自分が、こことは異なる世界のどこかにいるかもしれない、ということを。違う世界のルツは、今のルツとはまったく違うルツかもしれない。同じ年齢、同じ性別で、同じ両親のもとに生まれ育っていたとしても、ささいな違いの積み重なりが、今のルツと、違う世界の誰かとを、すでに大きくへだてているかもしれないのだ。あるいは反対に、ささいな違いの積み重なりが、外見上は今のルツとその違う世界の誰かをへだてているように見えるかもしれないけれど、最終的には同じところへと両者の運命は収斂されてゆくのだろうか。”(「1988年」から)

この作品を読み終えると、僕らは必ず、自分の人生のいくつかの岐路、その時その時に選んだこと、そしてそこに託した気持ちを思い出す。その記憶はもしかすると意図的に固定化されたものかもしれないし、もしかするとその最早見えない底流のなかには違った思いが隠されているかもしれない。

それぞれの人のそれぞれの内容がどのようなものであったとしても構わない。「違った自分が隠されているかもしれない」ということに気づくことが、この作品の意図なのだと思った。

c0193136_06144056.jpg


[PR]
by k_hankichi | 2018-01-18 05:49 | | Trackback | Comments(2)

殺し文句のシベリウスのペレアス

少し前、東京の路地裏にあるレストランで、マスターがクラシック音楽通だとわかって、そしてまたそこで流れる音楽の玄人はだしぶりに感銘したことがあった。料理も旨くて、こちらから問い掛ければ次のような実に素っ気ない返事があるだけの店だったけれど、妙に印象に残っている。

「このシャンパン旨いですね」
「旨いです」

「このウニパスタ旨いですね」
「旨いです」

「このシェリー酒はなんだかとっても旨いですね」
「特別です」

それ以外は何も語らない。殺し文句、だと思った。

ああだこうだと長ったらしい酒談義に誘い込まれたり、さらにはこちらの氏素性までをも明かせと迫られるようなバーやマスターとは大分違うのだ(そういう店には金輪際足を運びたくなくなる)。

そんなことを思い出したのが、年始に友人からあった連絡のなかの一言だった。

「シベリウスのペレアスが大層美しいのです」

なんのことか分からないままに、その音盤を買い求めた。「ペレアスとメリザンド」に関わる曲集を、セルジュ・ボド指揮でチェコフィルハーモニーが演奏したもの。

冒頭のドビュッシーの楽曲は、リヨン管弦楽団とはぐっと異なるゆっくりしたテンポで、くぐもった銀食器のような音色。むむむっと沈降していた矢先に出来事が起きた。

ヤン・シベリウスに組曲『ペレアスとメリザンド』作品46というような曲があることもしらないまま、その第一曲「城の門にて」が始まって、僕の吐息は水を打ったように鎮まり返った。そして、自分自身が純粋という世界に立ち返った気持ちに溢れた。身を正し、邪念を打ち払い、しっかりと背筋を伸ばそう、しっかりと生きて行こう、と思った。息が研ぎ澄まされ、美しくなった。

あの友人の言葉は実に素っ気なく、ネバチっこさは無く、だからこそ、厭世観でいっぱいだった自分に対して、なにかがあるのかもしれないと気付かせてくれたのかもしれない。

あまりにも美しいこの曲の旋律と演奏をいまも聴きながら、ただただ、自分の精神は浄化されていく。殺し文句とは、余計な修辞や世辞、ネバチっこさとは無縁のものを言うのだと分かった。

■《ペレアスとメリザンド》のため音楽
1.ドビュッシー、マリウス・コンスタン編:『ペレアスとメリザンド』交響曲
2.シベリウス:組曲『ペレアスとメリザンド』作品46
3.シェーンベルク:交響詩『ペレアスとメリザンド』作品5
4.フォーレ:組曲『ペレアスとメリザンド』作品80
■演奏
セルジュ・ボド指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
■収録
1989.4.11-15、ルドルフィヌム(芸術家の家)、プラハ
■音盤
コロンビア COCO70893-4 (二枚組で税抜き1500円という破格)

c0193136_23445299.jpg


[PR]
by k_hankichi | 2018-01-17 06:43 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(4)

チェロの音魂に男の述懐を知る

年末に立ち寄った馴染みの中古レコード店でお目当てのものがなく、仕方なく棚を見上げながら所在無げにCDを出し入れしていた。すると「いいんですよ、無理してお買いにならなくて」とお店のかたから声を掛けられてしまった。見破られた恥ずかしさから、返事を誤魔化しながら、じゃあこれと買い求めたのはブラームスのチェロソナタ集だった。

「集」といっても一番二番の組み合わせではなく、第一番ホ短調作品38のほかには、ヴァイオリンソナタ第一番ニ長調作品78「雨の歌」とクラリネットソナタへ短調作品120-1をチェロ版にしたものがカップリングされている。

ピーター・ウィスペルウェイは少し高めのピッチで実に爽快に弾いていく。伴奏のデヤン・ラツィックも快活だ。チェロは最も人間の声域に近いと言われるけれど、「雨の歌」はまさに、降り積む雨を前にして、ああだこうだと呟きながら一筋の糸口を探り当てて明日への活力を取り戻していく男の述懐になっている。

棚からぼた餅ならぬ、棚から良音だった。

■収録: 2006.4月、Muziekcentrum Frits Phillips, Einthoven, The Netherlands
■音盤: Channel Classics CCS SA 24707

c0193136_07111503.jpg


[PR]
by k_hankichi | 2018-01-16 06:43 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)

久しぶりに一気読みした小説『愛に乱暴』

久しぶりに小説を一気読みした。映画のような勢いのストーリー。各シーンの描写が映像として生々しく目に浮かんでしまい、怖いくらいだ。『愛に乱暴』(吉田修一、新潮文庫)。

夫に愛人が出来、少しづつ離れていく事態に陥る。それを容認できない妻の葛藤劇に、愛人側の葛藤が交互に挟み込まれる。彼女たちから男や周囲への発信は一方通行的で、だからそれは次の齟齬を引き起こしていく。

しかし次第に読者は気付く。一方通行なのは、どの人も同じなのだということを。主人公たちの現在は僕らの明日なのかもしれないということを。

ストーリー展開のなかで、妻はふと成瀬巳喜男の映画『流れる』を観る。話の筋とはあまり関係ない。しかし、この物哀しさと相通じるところがあるような気がする。まだ観ていない作品だけれど無性に観たくなった。

c0193136_08022099.jpeg

[PR]
by k_hankichi | 2018-01-15 07:49 | | Trackback | Comments(3)

招かれるように聴いた哀悼の曲

まるっきり買った覚えがない曲がウォークマンに入っていて、まるで小説か何かの中か或いは夢の中なのかと思った。最近、夢を見ると昔の同僚や知人たちがおっかない目に遭うシーンに出くわして、さてはまたその手の話の始まりなのかとぎくりとした。

バッハのTrauer-Ode(哀悼行事用カンタータ)第198番と第78番。フィリップ・ヘレヴェウへ指揮、シャペル・ロワイヤル演奏。ペーター・コーイ、ハワード・クルーク、イングリッド・シュミットヒューゼン、チャールズ・ブレット

1. 「侯妃よ、さらに一条の光を」 (Laß, Fürstin, lass noch einen Strahl) BWV198
2. 「イエスよ、汝はわが魂を」(Jesu, der du meine Seele) BWV78

哀しみに引き入れられるその曲集は本当に鎮魂歌のようで、まさに寒い夜の帳に聴き入るに相応しかった。

c0193136_18513553.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2018-01-14 18:52 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(2)

とても興味深い『ヨーロッパ人』

立ち寄った京都の古書店で見つけて買い求めたのは、『ヨーロッパ人』(ルイジ・バルジーニ、みすず書房)。著者はミラノ生まれのイタリア人で、米国の大学を出た後イタリアに戻り、新聞社の海外特派員などもしながら、反ファシズム活動に従事し戦後は政界に転じた。その豊富な経験をもとにヨーロッパ人というものを解剖・解析した書だということ。

大ぐくりにヨーロッパ人について語ったあと、イギリス人、ドイツ人、フランス人、イタリア人、オランダ人、そしてアメリカ人についてまとめていく。まだ序章の段階なのだけれども、総論なるほど、しかし現代ではまた変化しつつもあるのだよなあと思うことしきり。

“ヨーロッパには、アメリカとはまったく逆の弱点がある。ヨーロッパは、悲観的、慎重、実質的、それにケチである。まるで古い型の銀行家だ。ヨーロッパは、そうすることが明らかに必要であり、自分たちにとって利益になるときにすら、急いで事に飛びついたりしない術を身につけている。ヨーロッパは、いつもまず静観を好む。物事の複雑さをこね回して楽しむ。複雑だとわかればわかるほど結構なのだ。ヨーロッパは物事のあやを追い求める。良いことには悪い面を、悪いことには良い面をさがす。悪魔だって、描かれているほど邪悪なものでは決してないと考える。未来だって、人々が恐れるほどいやなものでは決してないといわないまでも、まずいやなものではあるまい、と考える。しかし人々が望むほど未来が素晴らしいものだとは絶対に考えない。時には、ヨーロッパは、新しい不公平を作り出すくらいなら、古くからの不公平さを守ったほうがいいと信じる。賢いのである。ヨーロッパがしばしみせる見込み違いは、実は賢さの行き過ぎの産物であることが往々である。”(「プロローグ」から)

ベルリンの壁崩壊前の、1983年の本で、いわゆる西側ヨーロッパがEC統合の成功に心昂っていたものだからなのか。

この先の解析を、現代と対比して読み解くのが楽しみだ。

c0193136_17335932.jpeg


[PR]
by k_hankichi | 2018-01-13 17:13 | | Trackback | Comments(3)

この道

年初から西の地に出張している。徒然なるままに歩くと様々な街区、通り路に出遇う。意味深そうな名称の由来は分からず当惑したりもする。

北陸地方以北の北国や九州では雪模様と聞くと、果たして僕は東に戻れるのか。不安になる。

されどこの道はいつかきた道。街角に北大地の花や時計台はないけれども、無事に帰る着くことを希求する。

「この道」
この道はいつかきた道
ああ そうだよ
あかしやの花が咲いてる

あの丘はいつか見た丘
ああ そうだよ
ほら 白い時計台だよ

この道はいつかきた道
ああ そうだよ
お母さまと馬車で行ったよ

あの雲もいつか見た雲
ああ そうだよ
山査子の枝も垂れてる


c0193136_08153575.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2018-01-12 08:09 | 街角・風物 | Trackback | Comments(4)

バッハのピアノとの出会い

ピアノの歴史についての本を読んだ。作曲家にしてピアニストの野平一郎さんの本だ。『作曲家からみたピアノ進化論』(音楽之友社)。

野平さんはベートーヴェン弾きとしても有名。しかし著作を読んでいるとドビュッシーとフォーレの音の革命児ぶりに惹かれているように思った。バッハがもうすこし早くピアノという楽器に出遭っていれば、ということにも言及して悔いている。

いまや誰の家にもあって楽しめる楽器の一つがそのようになるべく生まれ育まれていった軌跡を辿っていくことで、僕らがこの世に生を授かって生きているその場にこれがあることの奇遇な幸せを実感する。

c0193136_22353459.jpeg



[PR]
by k_hankichi | 2018-01-11 06:25 | | Trackback | Comments(3)

嗚呼、これを超越しないと抜きん出ない・・・『5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人』

これを新年に読みながら、卓越していると言われた我々日本人の自意識が、波打ち際に立って足の裏の砂がどんどんと掬われていくような感じに陥った。『5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人』(熊谷徹、SB新書)。

“「1日10時間を超える労働は禁止」という法律の規定を破ることは、いかなる状況であっても許されないのだ。論理より情緒的な関係性を重視する日本人には、ドイツ人の態度は“柔軟性に欠ける”と映るだろう。しかし、ドイツでは、労働生産性の低下を防ぎ、労働時間の上限規制を守ることが重視される。1日10時間に限られる労働時間を効率よく使わなくてはならないドイツ人は、そのことを常に念頭に置いて仕事をしているのだ。”([第5章 過剰なサービスを減らして時短を実現」より)

ドイツでは過労自殺が問題になっていない。
絶好調のドイツ経済。
時短と休暇がもたらす心身の余裕。
1年のうち41%は働かないのに経済好調。
気分転換には最低2週間が必要。
社内メールは少なければ少ないほどいい。
「お客様は神様」の過剰サービス。
ドイツ人のサービス期待度は低い。
余裕があってこそ良質な仕事ができる。
“木を見ず森を見る”ドイツ人。

そういう事柄を次々と知って、嗚呼、われわれ極東はやはり極東の異端だ、と思う。

少し前、ヨーロッパの会社と共同で仕事をしていたとき、皆の仕事時間の少なさに、ああ、これだからダメなんだよ、と思っていたあの働き方が、実は労働生産性という点で我々を凌駕する結果をもたらしていたことに、いまようやっと気づく。

なんとかせんと、いかんぜよ。

西郷どんの嘆きが聞こえてくるような気がする。

c0193136_21381354.jpeg

[PR]
by k_hankichi | 2018-01-10 07:11 | | Trackback | Comments(3)


音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち

プロフィールを見る

検索

お気に入りブログ

幻戯書房NEWS
梟通信~ホンの戯言
新・クラシック音楽と本さ...
Oyo-の日々
私たちは20世紀に生まれた

最新のコメント

そうですね、過去の自分の..
by saheizi-inokori at 09:49
maruさん、文学は一生..
by k_hankichi at 07:45
おようさん、最後の方はま..
by k_hankichi at 07:29
勉強になるなり。
by maru33340 at 07:21
弘美女史らしい内容のよう..
by Oyo- at 22:51
「うふふなんです」
by k_hankichi at 21:44
うふふ^^
by Oyo- at 20:23
「良いんです」
by k_hankichi at 18:02
これ名盤です。
by maru33340 at 07:46
maruさん、この人のチ..
by k_hankichi at 18:52

記事ランキング

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体

クラシック音楽

映画
ポップス
テレビ番組
美術
一般
社会
食べ物
街角・風物
夢物語
未分類

外部リンク

その他のリンク

■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新のトラックバック

蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍政権NO!大行進&「..
from 梟通信~ホンの戯言

ブログパーツ