<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

小池真理子の小説『モンローが死んだ日』を読了。精神的に落ち込でしまった事柄を軸に、男と女の心が合わせられていく作品。推理小説仕立てでもある。病気で記憶を無くしていく映画を観たあとだったので、なんだか重かったが、人は頼るべき人が居ることでなんとか心を元に戻せるのだ、ということがわかるものだった。

小説の主人公は59歳の幸村鏡子。小説に親しみ、三島由紀夫の『鏡子の家』も自分の名前があることから興味深く読んでいる。そんな彼女は、夫の仕事の関係で長野県・奥軽井沢に移り住んでいたが、その彼を病いで亡くしてしまう。しばらく立ち直れない期間を過ごしたあと仕事も得たが、やはり鬱々とした気持ちから逃れられない。そして自分の気持ちを次のように表す。

“標高3970メートルのスイスアルプスのアイガー。誤って山の北壁にある隙間を滑り落ちると、人は何もない空間を1500メートルにわたって落下しなければなくなる。そのことを知り、鏡子は呆然とした。それは想像するだに恐ろしい光景だった。足をすべらせたあげく、果てしなく氷に閉ざされた、白い、無限の空間を猛烈なスピードで落下していくのである。その恐怖、その絶望、その孤独、その虚無が、まさに今、この瞬間、自分が体験していることのように襲いかかってきた。”

そんな彼女を、高橋智之という精神科医が救う。そして二人はいつしか・・・・。というストーリーなのだけれど、ドンデン返しが待っている。

小説の中の「モンロー」が死んだのは11月25日。三島由紀夫の命日でもある。

「一つの話には必ず表と裏がある」

マリリン・モンローが口にしたというこの言葉は、鏡子自身による、次のような呟きに似た表現に重なる。

“「モンローって、よく見ると目の奥に怯えがある女優だと思います。怯えっていうのか、哀しみって言えばいいのか、うまく言えませんけど。にっこりセクシーに笑ってても、目の奥にね、別の光があって、なんて言うのかな、さびしい影のある少女みたいな顔、する時がありましたよね」”

脆く崩れそうな心の震えが、螺旋構造のように織りなされた作品だった。

モンローが死んだ日

小池 真理子 / 毎日新聞出版

スコア:


  
[PR]
by k_hankichi | 2015-06-30 06:24 | | Trackback | Comments(3)
弾丸出張からの帰りに機内で観た映画『ストロボ・エッジ』(http://www.strobe-movie.com/)は、とてもとても爽やかだった。『あまちゃん』を助演した二人による、躊躇いに溢れた恋物語。

高校生の木下仁菜子(有村架純が演じる)と一之瀬蓮(福士蒼汰が演じる)は、互いに人を支えたいという気持ちにあふれた二人。すこしの風の変化でも季節の移ろいを敏感に感じ取れる二人。心のなかに聴こえてくる音楽が一緒の二人。しかし互いに思いを伝えることができないでいる。

仁菜子は、相手を好きになることで別の誰かを傷つけたくないと思うあまり、人に対して強く寄り添っていくことはしない。蓮のほうは、嘗て挫けそうになっていた年上の女、是永麻由香(佐藤ありさが演じる、この人はえらく美しい)を支えている。守っていくのだ、という気持ちを貫こうとする。

そこにあるのは女の矜持と男の矜持だ。踏み出せない仁菜子。自分の本当の心に気づけない蓮。壊れそうなガラスのような繊細さ。

愛とはいったい何なのか?自分たちの幸せとはいったい何なのか?・・・そこにはやはりエゴイスティックなものが入ってしまうのだ、ということに二人は気づき、近づいてゆく。

忘れていた瑞々しい心を取り戻した。音楽グループGReeeeNの妹分whiteeeen(ホワイティーン)が歌う『愛唄〜since 2007〜』がいつまでも頭の底に流れていた。

“ねえ、大好きな君へ」笑わないで聞いてくれ
「愛してる」だなんてクサいけどね
だけど この言葉以外 伝える事が出来ない
ほらね!またバカにして笑ったよね

君の選んだ人生(ミチ)は僕(ココ)で良かったのか?なんて 分からないけど、、、

ただ 泣いて 笑って 過ごす日々に
隣に立って 居れることで
僕が生きる 意味になって
君に捧ぐ この愛の唄”

■スタッフ、出演
監督:廣木隆一
出演:福士蒼汰、有村架純、山田裕貴、佐藤ありさ
製作:東宝、2015年

■映画予告編 →https://youtu.be/3mM23stLzOA

■『愛唄〜since 2007〜』・・・スペイン語サブタイトル付き →https://youtu.be/mzKKEeDhs1o

  
[PR]
by k_hankichi | 2015-06-29 06:47 | 映画 | Trackback | Comments(0)

かの地での音楽談義

出張先のドイツで、仕事を離れての酒を飲みながらの歓談や、一緒に移動している車中で、さまざまな事柄に遭遇する。忙しさのなかの癒しとなる。

■教授が運転する自動車のなかで
「プロフェッサー、この曲はお好みなのですか?」
「いや、そうということではないのだけれど、運転中はいつもこのクラッシックチャンネルにしているんだ。」(教授)
「これ、バッハのヴァイオリン曲だけれど何だろう。」(はんきち)
「XXさん(はんきちのこと)、これ、ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタですよ。何番だっけなあ。」(科学者A)
「あー、そうなんですね。あまり聴いてませんでした。無伴奏ばかりで。ズスケが好きです。カール・ズスケ。」(はんきち)
「ズスケ?知らないなあ、東の人でしょ。」(科学者)
「うんそう、ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスターをやってた。そうそう、ズスケ弦楽四重奏団もやっている。ベートーヴェンとか。」(はんきち)
「ん?それってゲヴァントハウス弦楽四重奏団のズスケ?それなら知ってる。ベートーヴェンの全集を持ってる。良いよね。しかし西(ドイツ)では、東のことを悪くばかり聞かされてきた。なので演奏家はあまり詳しくないんだ。東の人たちも逆にそうだったろうけど。互いに狂ってる時代。」(科学者A)

■食事の際に
「ザビーネさんっていう名前は、忘れないんですよね。」(はんきち)
「どうして?」(ザビーネ)
「ザビーネ・マイヤー。有名なドイツのクラリネット奏者じゃないですか」(はんきち)
「知らないわ、わたし、クラシック好きじゃないの」(ザビーネ)
「ザビーネ、それ知らないといけないよ、僕の奥さんもクラリネットをやってるけど、ザビーネと師匠は同じなんだ。だから姉妹みたいなものだね。」(科学者B)
「す、すごいですね・・・」(はんきち)

c0193136_23105205.jpg

■バッハ ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ BWV 1014-1019, By Grumiaux & Jaccottet →https://youtu.be/KwB6_wmH2BE

■モーツァルト クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581, By ハーゲン弦楽四重奏団、ザビーネ・マイヤー →https://youtu.be/4k1fuAuwnJA
 
[PR]
by k_hankichi | 2015-06-28 00:28 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)

フリードリッヒの夕暮れ

シュトゥットガルトは、中心街から車で10分ほど走るだけで、非常な郊外になる。というか田舎である。小さな山や小高い丘が連なり、葡萄畑が広がる。ワイン醸造所も幾つもある。

「この地でこんなに大規模にブドウが栽培されているなんて、全然知らなかった。いったいいつ頃からやっていたの?」

と尋ねれば、

「ローマ帝国の時代から。14、15世紀ごろから、ここは葡萄の丘にされてきたのよ。」

という答え。・・・ん?ローマ帝国はそんな時期なのか、違うんじゃあないのか?

そう思って調べてみれば、確かに帝国は西暦1453年にようやく滅亡したのだということがわかる。

欧州の歴史は奥深いなあ、そして複雑なり、と思いながら、その山の上から下界を眺めていたら、いつのまにかカスパル・ダビッド・フリードリッヒの絵のような美しい夕暮れになっていて、思わず息を呑んだ。

c0193136_6455953.jpg
c0193136_648249.jpg

c0193136_6504934.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2015-06-27 06:33 | 街角・風物 | Trackback | Comments(4)
到着した駅舎には、次のような記載があった。

"...daß diese Furcht zu irren schon der Irrtum selbst ist. G.W.F. HEGEL"
「誤りをおかすという恐れは、すでに、迷いそのものである」

ヘーゲルの『精神現象学』を掲げて客を迎え、送るという文化をもつこの街、この国。なんと奥深いことなのか。僕らは、百年経ても、このレベルに到達できないのではないかと、深くため息をついた。

ドイツ鉄道・シュトゥットガルト駅は、暮れゆく夕闇のなかに厳然として存在していた。

c0193136_15125865.jpg
c0193136_15161627.jpg

  
  
[PR]
by k_hankichi | 2015-06-26 03:08 | 街角・風物 | Trackback | Comments(3)
出張時の機内で映画『アリスのままで』(原題:Still Alice、http://alice-movie.com/)を観た。遺伝的な若年性アルツハイマー病を患う話だった。

ニューヨークのコロンビア大学で教鞭をとる言語学者のアリスは、人間の記憶についての第一線の専門家である。言葉というものを思考の根源と見做している彼女自身が、自分の記憶力が落ちてきていることに気づく。神経科の診察を受けた結果、50歳そこそこであるにも関わらず、アルツハイマー病にかかっていることがわかり、そこから夫や家族のケアが始まる。

この病気は、生まれ持っての論理的な知能を持っている人ほど衰えるスピードが早いという(そんなことを知ると観ているほうは猶更恐ろしくなる)。彼女は、意識がしっかりしているときに、未来の自分に向けてビデオレターを託す。記憶が蘇るときもあるのだけれど、衰えは確実に増していき、いつしか家族のことでさえも見分けが付かなくなる。自分に宛てたビデオを観ることになった彼女が迎えるものはなにか。

アリスを演じたジュリアン・ムーアは、凛とした理知的な学者から、療養に入って痴呆に至るところまで、同じ人が演じているとは思えぬほどで、こういうものを鬼気迫るというのだろう。今年の米国アカデミー賞主演女優賞は頷ける。

スクリーンのなかで起きているにもかかわらず、自分自身や、自分の身辺にも起きやしまいかという不安に襲われ、そうではないだろうとは思っても、明日を迎えるのが怖くなる。夏の欧州に足を踏み入れたとき、そこがイタリアではないにも関わらず映画『ベニスに死す』のことを想いだした。

■スタッフ、出演
監督:リチャード・グラッツアー、ウォッシュ・ウェストモアランド
出演:ジュリアン・ムーア、アレック・ボールドウィン
製作:2014年、アメリカ・フランス

■予告編 →https://youtu.be/P47brIG7-Zg

■米国版予告編 →https://youtu.be/ZrXrZ5iiR0o
  
[PR]
by k_hankichi | 2015-06-25 05:54 | 映画 | Trackback | Comments(2)
空路に向かうべく車窓の外を眺めながら、日々の煩わしさから脱離しようとしている。耳を傾けるのはマックス・レーガー(Johann Baptist Joseph Maximilian Reger)のピアノ曲集。

「バッハの主題による変奏曲とフーガ」は、素晴らしく良い。これは作曲家へのオマージュであると同時に、それをもとに、わさわさとした事柄、うちひしがれた気持ちを癒すかのごとく流れていく。バッハ自身が書いた変奏曲とは全く違う、水底に沈みゆくような心の浄化の過程がここにある。

主題はカンタータ第128番『ただキリストの昇天によりてのみ(Auf Christi Himmelfahrt allein, BWV 128)』の二重唱「神の全能の力は計り知れず」(Sein Allmacht zu ergründen)から採られている。
これをもとに14の変奏、フーガが重ねられてゆく。

このロ短調の旋律を選んだマックス・レーガーの審美眼に恐れ入りながら、僕の心は鎮まってゆく。

■曲目
1. バッハの主題による変奏曲とフーガ ロ短調 op. 81
2. 5つのユモレスク op. 20
3. テレマンの主題による変奏曲とフーガ op. 134
■演奏
マルカンドレ・アムラン (piano)
■収録
Recording details: April 1998
St George's, Brandon Hill, United Kingdom
■音盤
Hyperion CDA66996

Variations and Fugue on a theme of J. S. Bach/Five Humoresques/Variations and Fugue on a theme of G. P. Telemann

Hyperion UK

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2015-06-24 08:33 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(4)
僕が駅に向かうとき
彼が駅から外に歩み出る

長い紐に結ばれた
鞄を肩に掛け
ひょうと歩くその姿
厄介な仕事を終えた体

浅黒く輝くその頬には
さらに黒く斑点の染み

鷲のような眼光は
一目で人を刺し殺す

僕のリー・ヴァン・クリーフ
流離いのガンマン

君はどこに帰るのだ
明日はどこに彷徨うか

僕のリー・ヴァン・クリーフ
流離いのガンマン

泪も見せぬ血も見せぬ
明日はどこを彷徨うか

c0193136_893732.jpg
from https://tr.wikipedia.org/wiki/Lee_Van_Cleef#/media/File:Lee_Van_Cleef.jpg
[PR]
by k_hankichi | 2015-06-23 07:49 | 街角・風物 | Trackback | Comments(3)
楽天の事業コンセプトをしるした『成功のコンセプト』(三木谷浩史、幻冬舎文庫)を読了。5つにまとめられている。

1. 「常に改善、常に前進」
2. 「Professionalizmの徹底」
3. 「仮説→実行→検証→仕組化」
4. 「顧客満足の最大化」
5. 「スピード! スピード! スピード!」

これらの事柄は実に明快で、会社で働く私も或る意味共感した。

1日1%のわずかな改善であっても、1年続ければ、1.01の365乗で37.78と、元の37倍以上になる。2000人の社員がいれば、その掛け算は4億3928万6205になる。

全てのビジネスマンはProfessionalを目指すべきであるということ。日々のルーチンに埋没せず、面白くなさそうな仕事であろうとも、それを面白くするように努力し続けること。

そして、仮説~検証して整ったことを仕組化し、顧客満足を常に追い求め、迅速さで他社をしのぐ。「スピード!」が三回も繰り返される。俺も俺も、という気持ちで動いていく。

ひとつのビジネスモデルを成功させ、さらに加速度的に幅と奥行きを深めていくダイナミズム。それが世界を飲み込んでいく流れを垣間見る。

ちょうどyoutubeで観たばかりのAmazonの超高機能流通倉庫のことが頭のなかで重なった。

僕らはこういった仕組みの恩恵に浴している。にもかかわらず、この「無機質なまでの美しさ」をさらに追い求めてよいのだろうか、とちょっと不安になったばかりだった。

それらが結果としてもたらす世界はどういうものなのか?そして世界の人たちの「幸せの質」とは何なのか。

これらについてさらに掘り下げて考え、その真髄を世の中に提示したときに、このビジネスモデルの新たなる飛躍があるのだろう。

しかし、そこに辿りつくことができるのだろうか。それを見ることができるのだろうか。そしてそれに僕も納得することができるのだろうか。

頭の中が、ぐるぐるとまた回り始めた。
 
■Amazing robots work in Amazon →" target="_blank">https://youtu.be/z_R8feyCu-M

成功のコンセプト (幻冬舎文庫)

三木谷 浩史 / 幻冬舎

スコア:


  
[PR]
by k_hankichi | 2015-06-22 00:38 | | Trackback | Comments(0)
『ヘレン・シャルフベック展』を観た(東京藝術大学大学美術館)。→http://helene-fin.exhn.jp/この画家のことは全く知らなかったのだけれど、実にすばらしい展覧会だった。

彼女はヘルシンキに生まれ、若くして画家として評価され、欧州で研鑽をつみ、しかし人生の後半は母国に戻り生まれた街に近いヒュヴィンガーに閉じこもった。そして亡くなるまで近隣に住む人々や自画像を描き続けたという。

彼女の絵はどの作品も明るさというものがない。華々しさ、美しさというものが存在しない代わりに、彼女の見据えた眼差しのさきにあるものが見えてくる。描かれているものは景色であるとか静物であるとか人であるのだけれど、それは対象とする物体そのものではなくて、その内面に存在する「気持ち」のようなものだと思った。

そしてそれは、「陰鬱」というものでもない。そして、どす黒い怒りでもなく、慟哭でもなく、極度の悲哀というものでもない。虚無感ということでもない。

「音にならない溜息と脱力感」とでもいおうか、そういうものがあった。それでは、だからもはや生きる意味がないということでも表わそうとしているのか、というとそういうことでもない。

その色調が灰色と緑色の間の色や、ボケた茶色であろうとも、そこには、「わたしはそれでも生きている」、「生き続けている」という太くしっかりとしたものが備わっていた。

生きるということの物悲しさを静かに受け止めながら、ほんとうの想いを絵として描き続けたその人生に、ただただ感じ入った。
c0193136_10541724.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2015-06-21 10:52 | 美術 | Trackback | Comments(3)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち