新・はんきちのつぶやき
hankichi.exblog.jp

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
外部リンク
その他のリンク
■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ
最新のトラックバック
蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍政権NO!大行進&「..
from 梟通信~ホンの戯言
ブログパーツ
<   2015年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧
'Elsa & Fred'(『トレヴィの泉で二度目の恋を』)の旅情的心情
『トレヴィの泉で二度目の恋を』(原題'Elsa & Fred')を、神奈川の二番館にて観た。シャーリー・マクレーンとクリストファー・プラマーが主演なので、懐かしさがこみあげてきて訪れてしまった。

夫とは長らく別居しているエルザ。彼女は、アニタ・エグバーグとマルチェロ・マストロヤンニが演じたフェリーニの『甘い生活』に虜になっている。その彼女のアパートメントの隣人に、妻を失ったフレッドが引っ越してくる。

エルザはフレッドに一目惚れし、しかし彼は自分自身の世界のなかに籠ろうとする。二人の気持ちが少しづつ近寄っていくそのテンポは、なんとも遅々としていて、しかし、それは躊躇う彼らの年齢がそうさせるのだ。

一歩進んで二歩下がる。そういうことが何回か繰り返されて、しかしとうとうフレッドはエルザに心を開き、彼女が夢に見たローマをともに訪れる。そしてトレヴィの泉にて熱い抱擁を交わす。

ストーリーはおおむねそのようなもので、あまり感興があるものではない。しかしこの映画が素晴らしいのは、その舞台に、ニューヨークでもなく、ビヴァリー・ヒルズでもなく、ニュー・オルリンズという古式ゆかしい、のんびりとした街を選んだことにある。

僕はこれまで、このルイジニアの街を訪れたことはなく、単に黒人が奏でるジャズの地、そしてだからおそらく、うらぶれて退廃的な街だろうとしか思っていなかった。

そんななか作品では、米国のコスモポリタンには無い、広くゆったりとしたそして美しい街並みや、緑が映る窓の風情などに溢れていることを知る。静かに流れる音楽とともにそれらは素晴らしい。

本作は、緩やかでちょっと温い米国南部の空気のたおやかさのなかに生きる人々の旅情的心情を味わう、そういう映画なのだと思った。トレヴィの泉は付け足し話にしか過ぎない。

■スタッフ
監督:マイケル・ラドフォード
脚本:アンナ・パビニャーノ、マイケル・ラドフォード
音楽:ルイス・バカロフ
■キャスト
シャーリー・マクレーン:エルサ
クリストファー・プラマー:フレッド
マーシャ・ゲイ・ハーデン:リディア
ジャレッド・ギルマン:マイケル
クリス・ノース:ジャック
■製作
2014年、米国

■『トレヴィの泉で2度目の恋を』 トレイラー→https://youtu.be/vjsRfo6gO1E

■米国版“Elsa and Fred” Official Tlailer →https://youtu.be/TnORJy_2tzg

  
[PR]
by k_hankichi | 2015-04-30 21:26 | 映画 | Trackback | Comments(4)
藤谷治の素直さと頑徹さ・・・『こうして書いていく』
『こうして書いていく』は、藤谷治さんの、とても素直で、そして反面、頑徹なる人柄を表すエッセイ集だった。大修館書店刊。

たとえば、字についての一篇。
“字について語るのは、おのれを語るに等しい。自分の字を嫌うとは、とりもなおさず自分を嫌うことであり、人に倣ったり強制されたりするのを嫌うのも、造形能力の欠落も、落ち着きがないのも、すべて私の字に関わることであり、同時に私のありように関わることである。私の字を、そう悪くないといってくれる人がいる。お世辞でもありがたいと衷心から思う。そういう人がいなければ、字を書くことはできないだろう。しかしそういわれて自分の字を見直してみても、やはり好きになれない。”(「自筆をきらう」より)

そうなのか・・・、と意外に思った。僕は「フィクショネス」で藤谷さんの本にサインを頂くことが常だけれど、その字は個性的でとても人間味がある。僕自身もギッチョで、わるいことに更にエンジニアであるので機械的なおそろしく下手な字だ。だから藤谷さんのような字が書けることがうらやましい。まさしく旨くて味がある、というやつだ。

そして音楽についての一篇。
“私はこの世で人としてなすべきほぼすべての事柄において無能な男だが、一冊の本が自分に伝える親和力を感知する能力にだけは自信がある。手にとっただけでこれは私にとってどの程度大切な本であるか判ることもある。目次を見て、最初の数頁を開けば、あやまつことはまずない。アドルノの『マーラー』には最高度の親和力があった。そして読み始めると、これは生涯の友となる本だった。”(「マーラーの音楽/小説」より)

僕は、藤谷さんの芸術への深い造詣と洞察力を思って、こうべを垂れた。

こうして書いていく

藤谷治 / 大修館書店

スコア:


 
[PR]
by k_hankichi | 2015-04-29 07:39 | | Trackback | Comments(3)
訪れたことはない主計町に魅せられる
路地裏などをあてどなく彷徨い歩くことが好きだ。東京の街は、どの地区もそれぞれの風情があって、たとえ大都会のビル街であろうとも、興を削がれることはない。

そんな僕も、それ以外の街については知識がほとんどなく、もともと旅行不精であることもあって、どこか行きたい街といえばパリ以外には、あまり思いつくものがなかった。

そんななか、友人が曾て住んでいた町が主題になった短編集が、文庫本で出ていて思わず手に取り読了。ああ、パリの次に行きたい街はここなのだ、と論理を超えて思った。石川県金沢市と主計町(かずえまち)のことだ。『金沢あかり坂』(五木寛之、文春文庫)。

五木さんは、次のように書く。
“金沢はいつの間にか私を変えていた。もし十年あの町で暮らしたら、と私は思った。自分は二度と金沢から離れることができなくなるのではあるまいか。そういう怖さを感じさせる町が金沢だった。私はそこから逃げ出すために横浜へやってきた。金沢という町の目に見えない魔力のようなものが、怖ろしかったのだ。今、この列島の中で、そんな怖ろしさを感じさせる町がいくつあるだろう。”(「小立野刑務所裏」より)

また、このように書かれている坂を、いつか必ず訪れてみたい。
“主計町にはあまり人気(ひとけ)のない二つの坂があった。坂というより、折れ曲がった石段である。尾張町の泉鏡花記念館から浅野川ぞいの主計町にでるには、この隠れ路をつかうのがいい。一つは左へ、久保市乙剣宮の境内をぬけて、暗がり坂の石段をおりていくコースである。石段の下はすこし広い路地になっており、左手に主計町の検番、すなわちこの茶屋街の事務所と稽古場をかねた建物がそびえている。右手にも「月のしずく」などすこぶる風情のある古風な家並みがつづく。いわゆる主計町茶屋街のヘソにあたる一画だ。・・・(中略)・・・暗がり坂をおりてこの主計町にぬける道のほかに、もう一つ、あまり使われない坂がある。乙剣宮と反対のほうへ少し歩き、左へ折れて佃邸の前をすぎ、さらに道なりにたどって一葉の堀を右にまがると、不意にぽっかりと穴のようなせまい石段が目の下にあらわれる。左右に家の軒がせまり、石段も急である。そこを降りていくのは、どこか地底に沈んでいくかのような下降感覚があった。”(「金沢あかり坂」より)

金沢あかり坂 (文春文庫)

五木 寛之 / 文藝春秋

スコア:


 
[PR]
by k_hankichi | 2015-04-28 00:05 | | Trackback | Comments(4)
ボッティチェリの聖母子
Bunkamuraのザ・ミュージアムで開催されている『ボッティチェリとルネサンス~フィレンツェの富と美~』を観てきた。小規模な展覧会だったけれど、フィレンツェがヨーロッパの中心となりルネッサンス文化が栄華を極めたその時代の風情を、さまざまな切り口で味わうことができるものだった。

出だしの四つのコーナーが、フィオリーノ金貨のさまざまや、金融にまつわる道具、貿易のための航海図、剣や斧、両替商を描いた絵画、書類、婚礼家具などで埋められており、博物館的なイントロダクションになっている。さんざんそれらを見せられ、かの時代のかの地の財力のことを嫌が応なく理解した後、ようやくルネッサンスの絵画の一連に入っていく。

フラ・アンジェリコの絵は、『聖母マリアの埋葬』、『聖母マリアの結婚』という題名の、華美さとは反対のもので、新たな一面を知った。

そしてもっとも秀逸なのは、サンドロ・ボッティチェリの『聖母子と洗礼者聖ヨハネ』(1477-1480年頃、テンペラ、ピアチェンツァ市立博物館)の絵だった。これは円形の額縁に収められたもので、バラの垣根のはざまの草の上で、生まれ出てきたイエスのことをマリア様が手を合わせながら見つめているもの。青々とした空は美しく、遠くの山々まで見渡せる。自然の豊穣というものも伝わってくる。

この展覧会の会期は6月末までなのだけれど、この作品だけは5月6日までの展示だということで、見逃さずにすんで幸運。→http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_botticelli/column.html
 
そして『受胎告知』(1481年、フレスコ、ウフィツィ美術館)。これも素晴らしい。大天使ガブリエルから発せられるテレパシーの線は、マリア様を射るようにしてお告げをもたらす。横幅5メートルを超える巨大さが、そのシーンをリアルに感じさせる。

展示の最終コーナーでは、メディチ家の凋落に伴って、パトロンから解き放たれた画家たちによる作品が並べられる。聖母子の絵であろうとも、イエス様はなぜか顔や身体が大きく、ふてぶてしさが増し変化している。マリア様の目力も減っていく。この理由は何なのだろうか。迎合する必要がなくなったなかでの自己主張なのか、宗教への観念が変化したのか。
c0193136_21330464.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2015-04-27 00:26 | 美術 | Trackback | Comments(4)
号泣する準備は出来ていなかった②・・・『家族になろうよ』
パッヘルベルのカノンに号泣したのは、昨年のいまごろだった(末尾参照)。その動画を作ってくれた東山堂が、あらたなバージョンを公開していて、こちらにもまた、号泣してしまった。曲は『家族になろうよ』。

音楽が生み出す感動は無限なのだ。

■『千葉次郎の挑戦』 Supported by TOSANDO music →https://youtu.be/V9I6L_4NDPY

■「号泣する準備は出来ていなかった・・・パッヘルベルのカノン」http://hankichi.exblog.jp/22023483/
 
[PR]
by k_hankichi | 2015-04-26 21:50 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(2)
『Kano 1931海の向こうの甲子園』に泣く
家の近くに映画館が復活していて、ようやく足を運んだ。観たのは『Kano 1931海の向こうの甲子園』。

主題は甲子園を目指す全国中等学校優勝野球大会。戦前には満州、朝鮮、台湾の代表校にも全国大会への参加が認められていた。そんななかでも光るのは、5回に渡って出場した、台南の嘉義農林学校。この映画は彼らが初めて甲子園に出場し、準優勝した1931(昭和6)年にスポットを当てたものだ。

素晴らしかった。中盤以降、館内のあちこちからすすり泣きが聞こえてくる。もちろんこちらもすすり泣き。たかが野球と思って観るべからず。ここには、チームを作って共に戦い、そこに賭ける男たちの結実がある。

実は僕の父親は、台湾に赴任していた祖父母のもとに台北に生まれている。嘉義農林学校が初出場する前は、台湾一、二を争っていたのは台北一中で、それはまさに僕の父親が通った学校。

映画のなかでは、台南の烏山頭(うさんとう)ダムと灌漑用水の開拓の話が出てくる。八田與一という日本人技師により築かれたもので、いまもなお台湾の人々が、この寄与を歴史的にも心に刻んでいることにも心が温かくなった。→http://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003119&id=R106

■スタッフ
監督:マー・ジーシアン
脚本:チェン・チャウェイ、ウェイ・ダーション
音楽:佐藤直紀
主題歌:Rake、中孝介、ファン・イーチェンほか。
■キャスト
永瀬正敏、坂井真紀、大沢たかお、伊川東吾、ツァオ・ヨウニン、チャン・ホンイ、ツォン・ヤンチェン、シエ・チュンシェン、シエ・ジュンジエ
■製作:2014年、台湾

■映画トレイラー →https://youtu.be/XDS8HOA4eW4

■台湾での映画トレイラー →https://youtu.be/PvBvkp-r4C4

■主題歌 →https://youtu.be/u0rgcWyuQbY

  
[PR]
by k_hankichi | 2015-04-26 00:37 | 映画 | Trackback | Comments(2)
何か一味が足りない日本版「ナショナル・ストーリー・プロジェクト」
日本版「ナショナル・ストーリー・プロジェクト」と銘打たれた公募ストーリー集を読了。『嘘みたいな本当の話』(内田樹、高橋源一郎選、文春文庫)。

あっという間に読めてしまう、云わば環境音楽のような短編集で、週刊誌によくある読者投稿欄を拡大した感。

内田さん曰く、「日本人の語る物語には国民的定型がある」ということで、そのことを知った収穫があったのだけれど、小説家が書くものとはやっぱり違っている。

小池昌代の『ことば汁』を読んだ直後だったから、言葉の専門家というのが、如何に素晴らしい才能を持っているかを、改めて思い知った。

嘘みたいな本当の話 (文春文庫)

内田 樹 / 文藝春秋

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2015-04-25 11:32 | | Trackback | Comments(0)
秀子像のなりわい『私の梅原龍三郎』
『私の梅原龍三郎』(高峰秀子、文春文庫)を読了。梅原画伯夫妻と様々な場所を共にした思い出のエッセイと写真集である。

赤い服を着た彼女を描いた油絵は有名だけれど、それだけでなく様々な絵やスケッチを残していると知る。

それぞれを描いた際のエピソードが織り込まれていて、画伯が如何に高峰さんのことを好いていたのかが分かる。好いていても30歳も年が離れているから子供と親のような感じだったのかしら、と思ったりもする。

大宅壮一が高峰を評して、「高峰サンは、男性度25パーセント。女性度25パーセント。あとの50パーセントはミネラルウォーターで出来ている」といったそうだ。マスコミが品性や礼節を忘れているような場合は、真正面から抗議し怒る、というようなキップの良さがそう言わしめていると分かった。

正義感が強く、曲がったことが嫌いで自分の生きる流儀をきちんと持っている、と評論家の川本三郎も本書の解説のなかで言っている。

気持ち爽快になる彼女のエッセイ。僕も、あとの50パーセントはブルガリアヨーグルトで出来ている、と言われるくらいを目指したいなあ。

私の梅原龍三郎 (文春文庫)

高峰 秀子 / 文藝春秋

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2015-04-24 07:53 | | Trackback | Comments(3)
小池昌代の『ことば汁』・・・夢のなかでの変容
小池昌代の『ことば汁』(中公文庫)を読了した。六篇からなる短篇集なのだが、現代版の変容譚とでもいおうか、魑魅魍魎な秀作だった。

「女房」・・・自分のことを好いてくれていた女が、ザリガニを介して変容していく。
「つの」・・・詩人の男の代表作「鹿」というものを介して、自分の心がどんどん彼に寄り添っていき、変身してしまったと思った瞬間、夢の中に放り投げられるかのような話。
「すずめ」・・・一番すごい作品で、これを読んでしまうと、夜は眠れなくなること必定である。それほどまでに、すずめのことが怖くなる。しかしいったい、「舌切り雀」の昔話はどういうストーリーだったのだっけ。
「花火」・・・隅田川河畔で、その打ち上げ音に魅せられて、そぞろ歩いて行った瞬間、昔の夫に出会い、しかしそれはやがて・・・・。
「野うさぎ」・・・何もかも嫌になって森の中に彷徨いこんでいくと、欲望のままに生きていく動物のような存在になってしまう変身譚。
「りぼん」・・・知らない人に付いて行ってはいけないよ、ということを守らないとこんな事柄に自分も捉われてしまうもしれない。

小池昌代、このおそるべき変容の世界。これは僕が夜見る夢の世界に通じていて、だからなんだか空恐ろしい。

ことば汁 (中公文庫)

小池 昌代 / 中央公論新社

スコア:


  
[PR]
by k_hankichi | 2015-04-23 00:15 | | Trackback | Comments(2)
「ユリイカ」高峰秀子特集の至れり尽くせり
雑誌「ユリイカ」の高峰秀子特集(平成27年4月号)を読んでいる。とっておきのエッセイの再掲から始まり、さまざまな文学者や映画人・評論家によるに論評から構成されていていて、彼女に傾倒しつつある僕にとって、まさに至れり尽くせりの構成だ。原節子やヘップバーン一辺倒であったこれまでのことを悔い始めている。もちろん彼女らは別格なのだけれど、もしかするとこの先、僕の中で西の張り出し横綱、いや正横綱になりそうな予感がしている。いやもう既にそうかもしれない。

この特集号、表紙からして素晴らしい。ドイツ・モーゼルのリースリングワインを横にケントの煙草を燻らす彼女。その眼差しは遠くを見つめ続ける。垂れ目だけれど鋭い眼光は、理知という言葉がそのまま似合う。身に着けている装飾品は華美でなく、シンプルさ故に人物が引き立つとはこのことを云うのか。それは僕のある種の記憶を呼び覚ます。

評論家の紅野謙介は、エッセイストとしても大成した彼女のことを次のように書く。
“ここで高峰秀子は、虚構に生きてきた俳優だからこそ知る虚構に対する関係のあり方を、「恐れ」という言葉で示している。虚構のなかの人物たちにどれだけ寄り添い、どのように距離をとっているのか。たとえ想像上の人物だとしても、そこに作り手と作中人物のあいだに関係の倫理があるはずだ。そうでなければ創作という仕事に携わるべきではない。この厳しさにおいて、子供のときから演技を生業としたエッセイストはまさに虚構とは何かという問いをめぐって具体的な思索を生涯、手放すことはなかったのである。”
現代女優の二階堂ふみは、僕にとっても気になる存在なのだけれど、彼女は高峰のことを「憧れの女優」と言って憚らない。雑誌編集部との対談のなかで、次のように云う。
“・・・こうだから感動した、ということじゃなくて、ただ、そこにいるだけでなんだか涙が出てくるような存在感があるというか。そういう特別な佇まいのようなものが、すごく素敵だなと最初に観たときも思いましたし、今でもそう思います。・・・(中略)・・・『浮雲』は、やっぱり素晴らしい作品だと思います。今も昔も、男女を描くと結局ダメな部分しか見えてこないというのが、とても魅力的でした。ただやっぱり、『浮雲』は高峰さんがものすごく美しい映画なんですよね。それは見た目とかそういうことじゃなくて、人として芯があって、強い女性だからこそ出せる、雰囲気としての美しさなんだと思います。それは『浮雲』に限らずどの作品にも言えることですが、その“美しさ”には女優さんとしての奥深さを感じました。”
インタビューを通じて、彼女が昔の映画を見ている数が半端ではなく、それはもちろん僕のそれを上回っていて、それも実際の文芸系映画館のスクリーンで観ていると知って、これまた驚いた。高峰を隔世的に継いで行くことができそうな役者かもしれない、と心の奥から聞こえてきた。
c0193136_17474015.jpg

ユリイカ 2015年4月号 特集=高峰秀子

斎藤明美 / 青土社

スコア:


  
[PR]
by k_hankichi | 2015-04-22 00:37 | | Trackback | Comments(3)