音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

<   2013年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

晴れ渡るサンフランシスコで乗り換え、国内便で降り立ったオレゴンは、雨だった。気温も15℃と寒い。この地方は9月半ばからは雨季だそう。降りしきる冷たく激しい雨を前にすると、こんな西海岸の北の地まで産業を興していく西洋人たちのエネルギーの底知れなさを、しみじみと感じた。ちょうど機中で読み終わった本の著者の不屈の気持ちがそこに重なった。極東人には出来ない芸当かもしれない。

本はシェリル・サンドバーグの『LEAN IN』。題名の意味は、一歩前に踏み出せということ。財務省首席補佐官、グーグルの副社長などを歴任したあとフェイスブックのCOOに就いた人だから、どんなに成功物語の薀蓄に溢れているかと思いきや、さまざまな差別に遭遇しながら、都度あるべきことを考え、二人の子供を産み、仕事と家庭を両立させて今に至っている努力の人だった。周囲に働きかけ耳を傾け、何度も自省し、そしてそれを次につなげていく姿は、性別に関係なくとても大切なことだと感じる。この人に対する好き嫌いはあるのだとは思うが、僕はポジティブだ。

MITの元教授のフレッド・コフマンによる研修を受けるくだりがあり、次のようなことが書かれていた。

「私の見方(私の真実)があれば、相手の見方(相手の真実)がある。これを理解することこそが円滑なコミュニケーションの第一歩だ。」

サンドバーグは、自分ではこのことはまだまだできていない、挑戦し続けるつもりだ、と語っている。才知に冴えるだけでなく、こういう謙虚さが良い。

最近ハーバード・ビジネススクールで、使われ始めたリーダーシップに関する表現も紹介していて、これは良いなあと思う。

「リーダーシップとは、あなたの存在によって他の人の満足感を高め、あなたがいなくてもそれが維持されるようにすること。」

僕は、さまざまな人の考え・意見・スタンスに耳を傾け、咀嚼し、自分のなかに反映できるような人間にはなかなかなれないのだが、つかの間でも、刺激を受けたことが、何かの変化に繋がるのかもしれない(と信じる)。
 
c0193136_9301922.jpg
c0193136_927472.jpg

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲

シェリル・サンドバーグ / 日本経済新聞出版社

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2013-09-30 09:40 | | Trackback | Comments(2)
昨夕は家に着くなり、だるさが増す一方。風邪のひきかけかなと思い、薬を服用して早めに就寝した。今朝は気持ちよく目覚められれば良かったのだが、まだ身体全体がだるい。薬が効きすぎているのかもしれないが、夕方から出張なので、重ねて薬を飲む。だるさは増す一方だ。

異人種の跋扈するプロカメラマンの展覧会での毒気に、気持ちが堪えきれなかったこともあるかもしれない。

展覧会で知った、イモージェン・カニンガム(1883年4月12日-1976年6月24日)の白黒写真が、時折フラッシュバックのように現れる。植物の茎であるとか花の芽が、次から次へと浮かび上がる。
イモージェン・カニンガムのHP→http://www.imogencunningham.com/

ジョージア・オキーフ(1887年11月15日 - 1986年3月6日)の画から漂ってくる質と似ている。アメリカの女性写真家と女性画家。ふたりには、感性の交感と共鳴があったのではないのか。謎めいた色調と構成は、怠く鈍い頭のなかに、錘のようにまとわりついてくる。

■http://en.wikipedia.org/wiki/File:Dream_Imogen_Cunningham_1910.jpg
c0193136_10285134.jpg

■http://en.wikipedia.org/wiki/File:Succulent_Imogen_Cunningham_1920.jpg
c0193136_10293059.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2013-09-29 10:35 | 一般 | Trackback | Comments(3)
今日は銀座経由で芝大門に。増上寺で開催されている「TOKYO PHOTO」第5回インターナショナル・フォトグラフィー・フェアを観た。
ココ→http://www.tokyophoto.org/2013/index.php

これはプロの写真家たちの作品の展示やその写真集の即売をするフェア。ウィリアム・クライン、東松照明、エド・ルシェ、ジョエル・マイロウィッツ、森山大道など。作品をじっくり見ようとするが、展示空間を歩き回る玄人とおぼしき男女の輩の数々(いかにもアーティストという風貌)がいちいち気になってしまい何とも集中しにくい。僕が日ごろ接している人たちとは違って何ともポップだったり、薀蓄満載の顔つきだったり、座談会をしている女性二人も物凄く濃いキャラに見えたり。踏み入れるスペースひとつひとつにおっかなびっくりしながら歩みを進める。

写真集の即売もそれぞれのコーナーで力が入れられている。その価格にも二度三度びっくり。少し大きな写真は数万円。30ページ程度のミニアルバムでも同じようなもの。すごかったのは、イモージェン・カニンガムという人のフォトアルバム。いいなあ、と思って数字を見ると1冊200万円。

普段は仏の静けさのなかにあるだろう増上寺が包まれた熱い渦を後にしての帰り道は、古川方面に。ああ、このあたりも首都高速道が無いころは「三丁目の夕日」さながらの静かな通りだったんだろうなあと、昔の息吹に思いを馳せる。

古川にかかる金杉橋の上流側には、ひっそりと将監橋があり、そのたもとには目指す「港区ふれあいの湯」があった。ここは珍しくも区営の銭湯である。なぜ区営?なぜこの場所に?街角探検隊としての謎解きは、まだ途中なのだが、営業形態だけでなく、湯殿も珍しい階層構造になっている。1階が受付、2階女湯、3階男湯、4階休憩所。おそらく土地が狭いためなのだろうが、どうしてここまで無理をしてでもやるのかその理由はまだわからない。

湯船は小さめだが、程よい熱さと心地よいジェット噴流。一人分だけしか噴流がないから、背中に当てるのは順番待ちだ。写真展で緊張して噴き出た汗をきれいに流し、しゃっきりとしたあとは一路浜松町に。モノレールや新幹線を再び目の当たりにし、ようやっと現世に戻った感。

芝界隈。ここは時代と時代が繋がらず、いびつに歪んだ時空間。きっとここには時間ワープをするための隙間があると踏んだ。

「港区立ふれあいの湯」はココ→http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/sonota/koshuyokujo/01.html
c0193136_20473613.jpg
c0193136_20494536.jpg
c0193136_2048324.jpg
c0193136_20503922.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2013-09-28 21:10 | 街角・風物 | Trackback | Comments(1)
『東京ふしぎ探検隊』(河尻定、日経プレミアシリーズ)を楽しんだ。興味深かったのは、次のような史実。

国道一号がなぜ「第二京浜」なのか。これは旧東海道(国道15号)の日本橋~横浜間が、第一京浜であるからなのだということ。地元の人は知っているのだと思うのだけれど、ずっと謎だっただけに興味深い。

そして第三京浜(国道466号)。これが当初東名高速道路として計画されていた道路だったとは知らなかった。横浜経由で高速道路を通す予定だったのだ。

そして東急が計画して1954年に国に免許申請をした、「東急ターンパイク」。これは、渋谷~玉川~保土ヶ谷~大船~辻堂~江ノ島までを結ぶ高速道路だ。ほぼ同時期に、東急グループは辻堂~小田原の「湘南ターンパイク」、小田原~箱根の「箱根ターンパイク」も申請している。さすが五島慶太。考えることが違う。

しかし国は、私企業に出し抜かれた形になることを恐れて、箱根ターンパイクだけしか認可しなかった。そして東急ターンパイク構想は、その予定ルートのままを鉄道に変更して、東急田園都市線(中央林間まで)に変わる。つまり田園都市線は、もともとは高速道路だった、ということ。

ここまで言ったところで、「それで?それが?」と家人から問われるのが常。しかし、その答えは「それで、つまりそういうことなのである。」ということ。

街角探検隊は、街にかかわる歴史の史実そのものに、感銘して、深く虚空を見上げるのだ。

さて、今日も街角探検に、そろそろ向かいましょう。

東京ふしぎ探検隊 (日経プレミアシリーズ)

河尻 定 / 日本経済新聞出版社

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2013-09-28 10:40 | | Trackback | Comments(4)
その曲の旋律が頭のなかで鳴り続けている。今朝も目覚まし時計がリンと音を立てる前に、タターンと鳴り響いていて起きてしまった。

シューマンの交響曲第三番。件の演奏家たちによるものだ。もちろん頭の中での出来事なので、必ずしもそのオーケストラによる演奏ではないわけだけれど、その雄大なるテムポは疑いようがない。

困ることは会議中でも鳴り響いていること。むつかしい会議中にも、である。

ひとのプレゼンテーションを聞いているときにも鳴っている。第三楽章だ。ああ終わったやれやれ(音楽のほうが)、と思いきや、四楽章が流れはじめてしまう。ウォークマンのスイッチを止める訳にはいかない。脳には停止ボタンが無いのだ。

何かを発言しようとするときも大変だ。旋律が一区切りしたところでないと、話し始めにくい。次の旋律を聴いてからにしよう、と一旦言い淀む。

クライマックスにおいては(会議のクライマックスではない)、腕や拳が勝手に反応してしまう。おいおい会議中だぞ、と言っても効かないから口をへの字にして素知らぬ振りをする。

パパーン、という金管の鳴り響くところでは思わず口が開く。この人何かを発言しようとしているのか、とこちらの顔を見られる。え?いえいえ何も、と云わんばかりに押し黙る。

大変なんだよこっちは、第三番が終わったかと思えば、交響曲は第四番が自動的に始まってるんだから、こら。
[PR]
by k_hankichi | 2013-09-27 07:30 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(2)
今朝は、オットー・クレンペラー指揮ニューフィルハーモニア管弦楽団によるシューマンの交響曲第4番を聴いている。昨晩の第3番の続きだ。

久々に聴くこの演奏、生きるためのエネルギーがとぐろを巻いて押し寄せてくる第一楽章。握ったこぶしを「くの字」に、上に前に自分の内側に突き出したくなる。ぐるぐるとそれを身体の近くで回す。

第二楽章は、その握った手のひらを開き弛緩させ、だらりと下にゆるりと振りながら瞑想にふける。秋深まる予感に酔いしれる。

いやそれではならぬ己に自信を持てと峻厳に現れる第三楽章。柔らかな草原の風に撫で付ける間奏との対比が良いなあぁ。

第四楽章の夜明けのような音のさざ波。様々な心の軌跡が蘇り、掻き消され、ベートーヴェン的かと思えばモーツァルト第41番の終楽章ようなメロディもあり、ウィーンの民族風も現れる。男の頭脳は、かくも渾然でありそれが一体になって出来上がっているのだよなあと思っているうちに、あっというまにクライマックスだ。

そのあっさりさに慌てるが、そんなふうに生きてみたいなあ、と深く心地よいため息をつく。

今朝は情熱と達観に始まった。
[PR]
by k_hankichi | 2013-09-26 07:40 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(2)

我、ノアノア雲と命名す

友人が雲の鑑賞に填まっている。肋骨雲だとか、巻雲だとか高積雲だとか、ひこうき雲だとか。

今朝は昨晩の雨が上がって、つかの間の晴れ間が東の空に広がった。高い空にある雲がつくる形は、上空から南洋の海をみたときの海岸線のように見える。低い空にある、平安時代の絵巻物に出てくるような雲は、その海に掛かる廂だ。

夕暮れにそんな雲を眺めると、南洋のタヒチかニューカレドニアの地に降り立とうとする機窓からの景色に思えてならないが、今朝のこの空は、嵐のあとの朝に、「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行く」と呟く画家の心のように澄んでいた。

…HiroF9F5.gif
[PR]
by k_hankichi | 2013-09-25 07:29 | 街角・風物 | Trackback | Comments(4)
先輩から、べヴァリー・ケニー(Beverly Kenney; 1932-1960)というジャズシンガーの音盤を戴いた。僕はこのジャンルば、ヘレン・メリルとかクリス・コナー、ローズマリー・クルーニー、最近の人たちではノラ・ジョーンズやホリー・コール、ヒラリー・コールくらいしか聴いていなかったので、ちょっとわくわくして耳を傾け始める。

すこしハスキーな、そしてちょっと甘えたところがある声色は健康的だ。絡みつくとか濃厚すぎるということではなく、思慮に満ち瑞々しく生きようとする感じがある。冒頭に挙げた1940~50年代にデビューした歌手たちと同じ世代なのだけれど、ヘレン・メリルやクリス・コナーのような擦れた倦怠さが入り混じることはなく、ストレートで透明なところが良い。

薦められた「Go Away, My Love!」(J. Livingston – R. Evans)。丸山圭子の「どうぞこのまま」をゆっくりとJazzyにしたような感があり、緩く溜息をつく。なるほど、と一人頷く。そして「Born to Be Blue」(R. Wells-M. Torme)は、気怠さが理知的だ。

「Sentimental Journey」(Brown-Homer-Green)を歌ったものも入っているが、ドリス・デイによる妖艶な雰囲気とは全く違っていて、ヘヴァリー・ケニーはあっさりと爽やかに歌いきってしまう。世の中なんて、そんなものさ、という風合いのさばさばさが、却って心地よい。

これまで聴いてきた歌い手とは流儀が違う、そういう音楽を紹介してくれた先輩に感謝するとともに、秋にはジャズもまた良いなあと、降り始めた雨音とともに一段と涼しさを感じた宵だった。
"Born to Be Blue" (R. Wells-M. Torme)

Some folks were meant to live in clover
but they are such a chosen few
and clovers being green
is something i've never seen
'cause i was born to be blue

When there's a yellow moon above me
they say there's moonbeams i shoul view
but moonbeams being gold
are something i can't behold
'cause i was born to be blue

When i met you
the world was bright and sunny
when you left the courtain fell
i'd like to laugh
but nothing strikes me funny
now my world's a faded pastel

I guess i'm luckier than some folks
i've known the thrill of loving you
but that alone is more
than i was created for
'cause i was born to be blue

When i met you
the world was bright and sunny
but when you left the courtain fell
i'd like to laugh
but there's nothing that strikes me funny
now my world's a faded pastel

I guess i'm luckier than some folks... (repeat)
■Born to Be Blue →http://youtu.be/8b-ZM1b_n-8

 

COMPLETE DECCA RECORDINGS - SINGS FOR PLAYBOYS - BORN TO BE BLUE - LIKE YESTERDAY(2CD)

BEVERLY KENNEY / FRESH SOUND

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2013-09-24 00:08 | ポップス | Trackback | Comments(3)
先週読んだ辻邦生のエッセイのなかで、チャールズ・ディケンズの自伝的小説『デイヴィッド・コパフィールド』がとても高く評価されていて、だからすぐさまにその小説を読み始めた。中野好夫訳の新潮文庫なのだが4巻本だ。さきほどようやく第1巻を読み終えた。

想像を超える面白さで、小学生の頃、『オリバー・ツイスト』を夕暮れも忘れて読み進めたことが、確かにあったよなあ、と思い出した。小説というものは、このようなものじゃあなきゃいけない。僕にはまだまだ読むべきものがあるし、もっともと自らを表現することがあるかもしれない。そんなことまで考えてしまうほどだ。

この面白さは、おそらく、自分の幼少のころの出来事であるとか、夢であるとか、嬉しい記憶、哀しい経験などが、どこか遠いところで共鳴するところがあるからなのかもしれない。また、まだ見たこともない英国の田舎から都会に揺れ動かされる人生の悲哀を、ほとんど自分に起きていることのように思えるようになるからかもしれない。

現にいま僕は、イギリス全土の地図の中から、、サフォーク州のブランデストン(Brandeston)はどこかのか?ヤーマス(Yarmouth)はどこなのか?を白地図をもとにプロットし、そのときのデビッドの気持ちや軌跡を追い求めている。

いまはロンドンの市街地の地図を印刷し、その上に、デビットが行き来したというサザーク(southwark)とブラック・フライアーズ(Blackfrliars)や、Mr.ミコーバーが収監されたKing's Bench Prisonの場所を書き込んいる。

いまだかつて英国には足を踏み入れていないのだけれど、家人が3週間ほどの滞在を終えて昨日帰国し、その写真の数々を見せられただけで、それらは読み進めている小説の世界とそれはまさしくぴったりと呼応し、もう居てもたってもいられないの状況に陥っている。

そう、僕はいま、ディケンズフィーバーなのだ。

http://charlesdickenspage.com/index.htmlからhttp://charlesdickenspage.com/dickens_london_map.html
c0193136_19144588.jpg

デイヴィッド・コパフィールド〈1〉 (新潮文庫)

チャールズ ディケンズ / 新潮社

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2013-09-23 19:16 | | Trackback | Comments(4)
映画~美術館と回った昨日の帰途、表参道で途中下車した。気になっていた南青山清水湯に立ち寄るためだ。ココ→銭湯は今日までです!

この地に長らく暖簾をかけてきた銭湯が2008年2月末でいったん休業し、新しく建て替わって2009年4月にオープンしていたのだ。

246号線に沿ったブティックや高級そうな花屋、外国人たちが集い語らう屋台村を横目に、路地を入るとすぐさまそこはあった。美しいビル、その表に控えめにあしらわれた看板。瀟洒な入口と受付、そして塵ひとつない内部。こ、ここが銭湯なのか?

湯屋に入ると、美しく磨かれたタイルと湯気にまみれて、静かにJazzが流れている。セロニアス・モンクの『ラウンド(アバウト)ミッドナイト』だ。

ジェット噴流風呂は極めて力強い。至福である。
高炭酸泉は、すこし甞めてみるとほのかに甘く、ハイボールを口にしたときの感覚に似ている。いい感じ。
そして、すべすべになるシルキーミルク風呂。ほのかさが得も言えない。

もうとつの参道と言ってよいだろう、その聖なる場所がここにあった。僕だけの参道にしたいのだけれど、それは叶わないなあ。

c0193136_11445248.jpg
c0193136_11545690.jpg
c0193136_1158034.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2013-09-22 11:50 | 街角・風物 | Trackback | Comments(4)