新・はんきちのつぶやき
hankichi.exblog.jp

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
外部リンク
その他のリンク
■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ
最新のトラックバック
蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍政権NO!大行進&「..
from 梟通信~ホンの戯言
ブログパーツ
<   2010年 02月 ( 41 )   > この月の画像一覧
ビーフンは美味いものとなった
ビーフン(米粉)を子供のころから食べさせられていた、というと何のことかと言われるかもしれないが、僕の実家では、子供のころから、事あるごとに、たびたびビーフン料理を食べさせられた。親父の兄の家に行ってもそうだったし、神戸の祖父母の家に行ってもそうだった。蒋介石が来るまで、台湾に居つづけた日本人一派だったらしいから、それほどまでに居心地がよく、郷愁豊かで忘れられない土地、そして、忘れられない旨い味だったわけだ。

でも、いまだから言うのだが、子供のころ、それは何とも言えない味気ないものだった。どこをどう味わったらよいのか分からないもの。美味しくないけども、まあ腹は満たせるから仕方なく食べていた。その後しばらくして、「ケンミンの焼きビーフン」だったり、電子レンジで食べられるビーフングルメものが市場に出始め、ああ、これはちょっとは食べられるなあ、と思ったほどだったから、実家のビーフンレシピがどれほどのものだったか、わかるだろう。

そんななか、台湾の人との付き合いが最近始まり、仕事よりも何よりも、まずはビーフン料理というものがこんなに旨いのか、と、目から鱗が落ちるような驚きがあった。

何が良いのか、というと、その味付けがまず多彩である。ほのかに塩味のものは普通であるが、甘いもの、中華だしのもの、テンメンジャン系のもの、いろいろある。混ぜられている具も、そしてまた多彩である。白菜、キャベツ、椎茸、たけのこ、ニンジン、玉子、豚肉、牛肉は当たり前として、セロリ、高菜、青梗菜、梅、ニンニクまで各種多彩な組み合わせがある。

これ、実家のビーフンと全然ちがうじゃないか・・・、と思った。で、是が非でもそれだけを食べることにした。

汁ビーフンは、そしてさらに絶品である。ビーフンを食べる際、汁ビーフンを抜かしてはならない、とわかった。一番美味しい汁ものは何なのか?それは、台湾人が、屋台で頼み食べているものを見て、ようやくわかった。そして食してみてさらに分かった。茹でた細いビーフンを大きく掬いどんぶりにいれ、そこに鶏肉団子が浮かんだ鶏がらだしスープを加えたものなのである。ビーフンは細ければ細いほどよい。

細いビーフンの歯ごたえは、そこはかとなく、でもしっかりとしており、汁がうっすらとまとわりつきながら、米は米の主張をしつづける。そこに鶏が団子となって挑んでくる。鶏団子は鶏がらスープによって砕けそうなぎりぎりの柔らかさになっており、僕の歯に当たる瞬間に粉雪のようになって口の中にとろけ行く。

ビーフンを、日本代表の麺モノの、うどんや素麺、ひやむぎ、蕎麦と比べることはできない。その混ぜる具の多さ多彩さ、料理手法の多さから言って、別の競技だと言ってよい。彼らはしょせん、小麦粉軍団なのである。蕎麦軍団も、小麦粉の混ぜ物もあるわけだから、まあ、その範疇に分類してしまおう。麺の細さから言えば近いともいえる素麺は、対抗馬として引き合いにだされるとは思うのだが、ビーフンに比べれば不甲斐なく、弱腰なのだ。

ビーフン。その真髄は中国大陸ではなく台湾にある。もともとは大陸の福建省が起源だったらしいが、その後は台湾で揉まれ、多彩に進化した料理。米を炊くよりも素早く、そしておかずと上手に合わせることができる素材として育っていった。

米が好きな者、台湾のビーフンを食らわずして語ることなかれ死ぬことなかれ。そしてまた、その本場ものを食すると、心に染み入ることがある。自分はアジアの一員だなあ、ということを。
[PR]
by k_hankichi | 2010-02-28 23:10 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)
台湾人と奥の細道
台湾で、先方の或る研究部長と夕飯を共にしたが、驚くほどに日本のことを知っていて、たじたじとなった。日本には年に2回程度しか来られない、というのにである。

彼の父親は戦後に台湾に来られたと言われていたから、国民党系なのだろうが、そのためなのか李登輝・前総統の行動やら趣向から、とても多くの日本理解があるようだ。李さんがいつごろ京都大学に学ばれたか、好きな俳句は何か、とか、「奥の細道」の足跡をたどっての旅をどのようにされた、とか。李さんの語る言葉は、それほどまでに尊ばれ、重きが置かれている。

彼自身もまた、最近は、李さんに倣って松島やら東北の地を訪れたという。行く先々で台湾人のグループに出会った、観光客のおおよそ三分の一が台湾人だった、とも言っていた。漱石や芭蕉を始めとする日本文学は、台湾でもかなり読まれている(中国語で)という。

帰り際、彼は二枚の古地図をお土産にくれた。日本の統治時代の台湾地図の複写版。僕の父親が戦前の台北生まれだということを、前回、僕が漏らしていたことを覚えていたかららしい。(僕のことを気に入ってくれているから、というわけではないだろう。)

いずれにせよ、日本のことを、ある側面からは敬いながら、奥の細道の足跡までたどり、相手を十分に理解分析しつつ信頼を築き、そして、自国の発展に心血注ぐ台湾人魂をそこに見た。

僕らも負けてはならんなあと思った。これからは中国や台湾だけでなく、インドや中近東にも、さらにさらに顧客を開拓していくだろう。相手の国の文化・歴史・文学をも良く知り、思考や行動原理まで理解し、歩み寄ること、そして信頼を築くこと。それが他国の人との付き合いの、全ての基本のような気がする。ビジネスはそれがあってのことだろう。
[PR]
by k_hankichi | 2010-02-28 13:51 | 社会 | Trackback | Comments(0)
ダイアン・キートン
出張帰りの機内でダイアン・キートンとジャック・ニコルソン主演の「恋愛適齢期」を観た。ありきたりなストーリーなのに、アカデミー賞を得ている実力派同士の演技は、それをまるっきり違う次元に仕上げている。素晴らしかった。

63歳になっても独身で通している音楽業界の大富豪のハリーは、20歳台のマリンと付き合い始めるが、海辺の別荘地でおかしなきっかけで彼女の母エリカ(劇作家)に出会う。始めは互いに疎んじてはいるものの、ハリーが突然心臓発作で倒れ、その回復過程で、エリカと会話を始めるようになり、言葉を重ねるうちに、惹かれ始めることになる。そしてそれはやがて深い心と心の繋がりになっていく。

海辺の砂浜で交わす会話、そよぐ風、歩く二人のふれあい。波打ち際では石を拾う。エリカは白い石ばかりを好んでいたが、ハリーは黒が好き。病から回復し、ハリーがニューヨークシティに帰るとき、エリカはたくさんの黒い石が詰まった中にひとつだけ白い石が入ったガラス壷を渡す。その後も二人は惹かれあうが、都度、勘違いや嫉妬、意地っ張りの我慢から、気持ちがひとつになる機会を逸する。しかし、やがてとうとう・・・・。

人と人が惹かれあうときには、焦燥と不安が同時にあり、そして意味がないことだとわかってはいるものの、勘繰りと邪推がそこに入り込む。そういうことを経ながら結ばれていく、ということがわかる。いや、そういうことを経たからこそ、ほんとうに強く結ばれていくのだろう。

この映画の素晴らしさはダイアン・キートンに尽きる。あの「アニー・ホール」(素晴らしい!!)から26年を経て、たくさんの歳を重ねているのに、変わらずとてもチャーミング。映画の中では、常に冷静で知的な劇作家が、恋によって、こっけいなくらいに熱狂的になったり、悲しんだり、起伏の激しい心があることに自らも気づいていく。

途中で何度も涙が溢れた。不肖、はんきちは、フライトアテンダントに見つけられぬよう、それをそっと拭いつづけた。

2003年、米国、ワーナーブラザース。

☆☆☆☆

恋愛適齢期 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2010-02-28 12:23 | 映画 | Trackback | Comments(0)
混沌と安泰のパパイヤ
昨日は一日会議をした。国民性の違いなのか、それとも、その組織の性格上なのか、なんともノンビリしたところがある。

南方民族と漢民族が、うまく混ぜあわさって出来ている国。不思議な混沌と安泰感がまぜあわさった国。繊細さという観念ではなく、適当さの上に慣性をつけて走っているような国。沖縄の延長にあるのか、沖縄が台湾の延長にあるのかわからないが、似ているところがあるような気がする。

特産品が書かれている地図をみているうちに、かつては農業国だったことにも気付く。国の形をみていると、南方のパパイヤみたいな気がしてきた。

短い滞在の台湾から、今朝、帰途につく。

c0193136_9185334.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2010-02-27 09:18 | 街角・風物 | Trackback | Comments(0)
再び台湾
昨日は宮城にいたのだが、今朝は台湾。

新竹という喧騒の下町の朝を、少し歩いた。

バイクと車が、節操もなくごちゃごちゃに走り周る。その隙間を縫って、ゆっくりと道をわたる老人。街角には、これまた節操もなく、看板や広告が、掛かっている。バスの屋根が、その軒にぶつかりそうなくらいである。

街角では屋台に毛がはえたような飲食店に、朝食を求めて列をなす男女たち。美味いものなのだろうなあ。吉田健一さん的に食してみようか。

ああ、この、お構いなしのごった煮のような街が好きだ。

のら犬ですら、悠々泰然としている。

c0193136_8183784.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2010-02-26 08:18 | 街角・風物 | Trackback | Comments(2)
宮城にて
昨晩から仕事で宮城に来ている。さすがに寒い。だけれども、この朝の凛としたひんやり感覚が、なんとも言えずによいなあ、と思う。

この地は、僕にはもともと縁もゆかりもないけれども、なんだか郷愁を感じる。むかしに此処で生きた日本人の血が、どこかで僕に繋がっていて、それが騒いでいるのかな。

c0193136_736017.jpg
c0193136_1525419.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2010-02-25 07:36 | 街角・風物 | Trackback | Comments(4)
「酒肴酒」
友人から、吉田健一張りの、酒談義の楽しきメールを貰い、思わず微笑んでしまった。友の話もおもしろかったが、僕のほうも吉田さんの標題のエッセイを読み始めていて、なんだか、同期していて愉快だったからである。光文社文庫。

食べものあれこれ、舌鼓ところどころ、酒肴酒の話し、どこまでもその筋の話ばかりだが、いかにも美味そうな、かといって、押し付けがましくなく淡々と、でも、美味いものは美味いと、しみじみ伝わってくるものばかり。

しかして、読み飽きるかと言えば、そんなことはなく、東京の戦時下の宴、支那の小籠包料理、西洋のグリンピースの深淵などなど、思わず、その食べ物を見たり味わってみたいと羨ましくなる、素晴らしく洒脱なエッセイなのである。

たとえば、こんな感じである。

「それから最上川の鮭。これは十月から十一月一杯までのものだそうで、素焼きにしたのを生姜と大根卸しで食べたが、鮭の味はすべて皮と皮の下の所に集まっているのを改めて認めさせられるような取れたての鮭で、鮭といえば塩鮭かと思う感覚では、西洋人がこの魚に夢中になる理由が解らないことに漸く気づいた。」

それにしても、吉田さんが書く金沢の街は、ほんとうに耀いている。この街にかつてすんだことのあるひとが羨ましい。

酒肴酒 (光文社文庫)

吉田 健一 / 光文社

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2010-02-24 18:10 | | Trackback | Comments(0)
クヴァンツのフルートソナタ
フルート協奏曲だけでも100曲以上書いたと言われるヨハン・ヨアヒム・クヴァンツという18世紀の作曲家がいることをcwd*f3*2さんのブログで知りました。紹介されていたフルートソナタ集を聴いています。第272番〜第277番!!が収録されている。

楽器はフルート・トラヴェルソなのですが、現代のフルートと尺八の間のような響きがして、素朴この上ない。軽く擦れるような音感。クヴァンツさん、バロックの独自路線をつらぬいた人なのかな。

これらの曲を次から次へと献呈されたフリードリッヒ大王は、さぞや満悦だったでしょう。

フルート・トラヴェルソ:ヴェネラ・フィッシャー
バロック・チェロ:クラウス・ディーター・ブラント
ハープシコード:レオン・ベルベン
2006.11.15-17録音
@ニュルンベルグ、マイスタージンガーハレ、小ホール

クヴァンツ:フルート・ソナタ集 Nos.272-277

Naxos

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2010-02-23 21:22 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(0)
息が合うこと
息が合う者たち、というものは、世の中にいったいどれくらいあるのだろう。

いま通勤途中で聴いている、ムターとマズア/ライプチヒゲヴァントハウスのメンデルスゾーン。これもその一つだ。

他の演奏ならば、一年に一度聴くか聴かずかで良い曲と思っていたものが、毎週聴くことになるほど、心地よく、魂に優しい。

息が合う、とは傾聴、対話、信頼、敬愛の上に成り立っている。互いが同じ目線になっている。そして、そのことは、周囲をもそこに同化させる。

社会や会社、友人の間でもおなじなんだな、と思う。僕らは、いろんな場で、葛藤や理解不足、誤解、曲解、相克に出会い、巻き込まれる。自分が当事者の場合だってある。

でも、心鎮めて思いを馳せてみよう。「息が合う」とは何かを。良く良く考えて、心落ち着かせれば、だんだんわかってくるはずだ。

分からなければ、また相手との対話を深めていく。さすればたどりつく。息が合う境地に。そしてその大切さと素晴らしさを味わおう。

人間、その繰り返しだ。
[PR]
by k_hankichi | 2010-02-22 08:15 | 一般 | Trackback | Comments(0)
「Blue Wind」
Yuiさんの「Blue Wind」が、われわれの心の奥に響く、と会社の先輩が言った。

"発明家は偉い人だと 教えられた
努力する モノを生み出す
でもそれに群がってゆく人たちこそ
かしこくて 長生きだ"

という触り。

また、その人は言った。

出されたパズルを解くことが得意の人ばかりでは、世の中は変革しない。パズルを創ること、あるいはまた、パズルではないまったく新しい仕掛けや仕組みを創る人、がいなければならない。

あたらしいものを創りつづけよう。たとえ、そういう姿勢ではかしこくない、と言われようとも。
[PR]
by k_hankichi | 2010-02-21 18:18 | ポップス | Trackback | Comments(0)