2017年 11月 26日 ( 1 )

ストラディバリウスの木

『ストラディヴァリウスの真実と嘘』(中澤宗幸、世界文化社)を読了。素晴らしき楽器が生まれた背景や、そしてその地勢、またその後の経緯は面白かった。

“パガニーニも、「ストラディヴァリウスはナイチンゲールがとまって鳴く木しか使わなかった」と吹聴したといわれています。(中略)では、いったいストラディヴァリはどこから木材を調達していたのでしょうか。私は、表板のスプルースはクレモナの来たにあるパネベッジオの森で、裏板のカエデは旧ユーゴスラビア、現在のクロアチア、ボスニア周辺で調達したのではないかと推察します。雄大な自然が広がるパネベッジオの森はポー河、ライン河、ドナウ河、ローヌ河の四つの河の源流が集まるアルプス大分水嶺の近くにあり、木材はポー河の水上輸送でクレモナまで運ばれたと思われます。”(「第1章 ストラディヴァリウスの真実」より)

“2008年にオランダのライデン大学のグループが、CTスキャナーによる断層撮影でストラディヴァリウスを調べたとき、木材の密度が驚くほど均一になっており、年輪による木目の幅の違いがほとんどないことがわかりました。これは十四世紀から十九世紀半ばまでヨーロッパで続いた寒冷な小氷河期によるものといわれています。小氷河期は、特にストラディヴァリが生きていた時代にピークに達し、夏と冬の寒暖差が小さく、木目が均質につまったヴァイオリン製作に恰好な材料を調達できたという発表をしています。”(同上)

その材料を調達できた時代があり、そしてまたそこに秀悦な製作者がいたという生い立ち自体がまさに奇跡だったということになる。

このほか、数々のヴァイオリニスト、弦楽四重奏団のメンバーとの交流(ABQとの交流も)など、興味津々。名ヴァイオリンは名修復士のもとに集まる、ということにもなるほどと思った。

c0193136_09403249.jpeg

[PR]
by k_hankichi | 2017-11-26 09:35 | | Trackback | Comments(3)


音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち

プロフィールを見る

検索

お気に入りブログ

幻戯書房NEWS
梟通信~ホンの戯言
新・クラシック音楽と本さ...
Oyo-の日々
私たちは20世紀に生まれた

最新のコメント

そうですね、過去の自分の..
by saheizi-inokori at 09:49
maruさん、文学は一生..
by k_hankichi at 07:45
おようさん、最後の方はま..
by k_hankichi at 07:29
勉強になるなり。
by maru33340 at 07:21
弘美女史らしい内容のよう..
by Oyo- at 22:51
「うふふなんです」
by k_hankichi at 21:44
うふふ^^
by Oyo- at 20:23
「良いんです」
by k_hankichi at 18:02
これ名盤です。
by maru33340 at 07:46
maruさん、この人のチ..
by k_hankichi at 18:52

記事ランキング

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体

クラシック音楽

映画
ポップス
テレビ番組
美術
一般
社会
食べ物
街角・風物
夢物語
未分類

外部リンク

その他のリンク

■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新のトラックバック

蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍政権NO!大行進&「..
from 梟通信~ホンの戯言

ブログパーツ