2017年 09月 16日 ( 1 )

映画『笑う故郷』の封切りを観た。始まる前、岩波ホールの支配人、岩波律子さんの挨拶があった。このホールがアルゼンチン映画を扱い上映するのは今回で3回目だという。
http://www.waraukokyo.com/

アルゼンチン映画といえば、『瞳の奥の秘密』の衝撃はいまだにずしりと重く残っているが、今回の作品はどんなものなのかと、怖いもの見たさ的な興味で観始めた。

40年ぶりに故郷に帰ったノーベル文学賞受賞者の味わう喜びと哀しみを、見事に描いていて、とても痛快だった。

僕は文学者の視点から、どうしても眺めてしまうのだけれど、アルゼンチンの田舎町にすむ一般人や、政治家、教職に携わる人や自称芸術家たちの反応は、極めて面白い。

コミカルな視点も交えてのシニカルさは半端なく、知識人の大人の抱えるジレンマも垣間見える。

故郷に錦を投げ捨てた男の哀愁は、パンパの平原に声なき声のように沁みていった。

90点の佳作だった。



■監督について
c0193136_18493384.jpg
■神保町の牛膳は特別に旨かった。どんぶり丸福。
c0193136_18493512.jpg


[PR]
by k_hankichi | 2017-09-16 18:19 | 映画 | Trackback | Comments(4)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち