2017年 09月 12日 ( 1 )

楽器の秘密

『ストラディヴァリとグァルネリ』(中野雄、文春新書)は心地よかった。音楽と楽器のことだけに終始し、猥雑な世間話など一切なくて快活である。

音が鳴る、ということの意味についても、たいそう明快に解説されていて、弦楽器の奏でる曲の数々に、ますます耳を傾けたくなった。

楽器の秘密は不思議の世界。スプルースが作り上げる珠玉の響きが、遠くイタリアの森にこだまする。

c0193136_21150099.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2017-09-12 21:14 | | Trackback | Comments(4)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち