2017年 08月 17日 ( 1 )

落語好きな友人とブログ知人に触発されて、昨日、足を運んだのは、浅草演芸ホールの夜の部。初めてそこを訪れた。

楽しんだ。久しぶりに嬉し涙が沢山溢れて、友人の言う如く「日々に蓄積した全てのストレスが解放される」ということになった。

<構成>
落語:林家つる子・・・この人の快活さはとても気に入った。好みである。
落語:林家うん平
漫才:米粒写経・・・健康さがとてもよい。
落語:林家木久蔵・・・お父さんのことを想い出して、それだけでも楽しめた。いい男だ。
落語:柳家小団治
マジック:アサダ二世・・・脱力感が途方もない。
落語:柳家権太楼
落語:柳家さん喬
紙切り:林家正楽・・・力量を誇示しない謙虚さが心地よい。
落語:林家三平・・・がんばれー!
(中入り)
落語:林家鉄平・・・この脱力感は僕はとても好みである。
曲芸:翁家勝丸・・・肩肘張らない気さくさ。
落語:柳家三三・・・颯爽さが好みだ。
漫談:ペペ桜井・・・とても僕好みである。
落語:柳家喬太郎・・・ひょうひょうさが良いなあ。
曲ごま:三増紋之助・・・頑張り家さんの憎めない芸風。
落語:林家正蔵・・・番町皿屋敷はやっぱり楽しめる。

神奈川に住んでいたころに比べれば、めっぽうアクセスが良くなったこの下町界隈。これから、たくさんお世話になりそう。自分自身の蓋を突破しえる何かがここにある。

c0193136_23305025.jpg
c0193136_23305254.jpg
c0193136_23305411.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2017-08-17 07:01 | 街角・風物 | Trackback | Comments(6)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち