2017年 08月 15日 ( 1 )

終戦記念日の朝に観た夢

10年前に、自分が長らく敬愛してきた作家が他界した(実際にではなく夢のなかの設定として)。そして今日、その未亡人だという人に街路で偶然出会う(銀座並木通りだ)。もう70歳を超えているのに凛とした佇まいで、その和装は気品に満ち溢れている。出版社の編集者とおぼしき女性と連れ添って歩いている。

僕と友人は、互いに故人の作品のあれやこれやについて、その未亡人に語り掛る。途中、友人に対して「こないだ出たあの記念書籍、良さげだよね」と言うと、「はんきち君、まだ買ってないの?僕はとうに読んだよ、良かったよ。」と返ってくる。そういうやりとり含めて彼女は黙って耳を傾け、ときおり目を閉じながら静かに息をしている。

「あなたがた、いらしゃいよ、うちへ。」

そして突然そう声を掛けてきた。ええ?良いのでしょうか、と言い乍らも僕らは胸を昂らせて彼女のあとを歩んでいく。

山の手のお屋敷町と思しき場所にその家はあった。

「主人が亡くなって10年。屋敷を改装して、その半分ほどを主人の記念館にしますの。」

中に足を踏み入れてみると、いたるところが書架になっていて、記念館として陳列対象とする書籍が並べてれている。作家の作品のみならず、彼が好んだ文学者や芸術家の書籍も並んでいる。手紙類も公開される計画になっているそう。

「ああ、この本懐かしいね。学生時代に読んだね。」
「これ、彼も好きだったのかあ、知らなかったねえ。」

書籍の前を歩きながら、そして時折手に取りながら語り合う。

すると、ひとつの廊下の先に、もう一つの書庫があるらしいことに気付いた。薄暗がりのなか、書架の端が見え、そこにも本が並んでいることが、ぼうっと浮かぶような感じながら見えてとれる。それらの大部分は麻の紐で横に束ねられているようだ。僕は一歩二歩とそちらに歩こうとする。

「そちらには、入ってはなりません。」

未亡人は、思いのほかしっかりとした響きで僕に声を掛けた。びくっとした顔で彼女を見やると、翳のある哀しい面持ちでこちらを見遣っている。

「あの書籍群は、まだ人にはお見せできません。」

僕のほうが背が高いのに、なぜか、彼女を見上げるような感じで、その顔を見た。どうしてなのか、と訊ねたくなった。

「主人のなかに、別の人が住んでいる・・・・」

僕の疑問を見越してか、独り言を呟くように言い残してその場を立ち去った。

作家のなかにある別の世界。それは何なのだろう。その間、編集者と話をしていた友人が僕の所に戻って来てぽつりと言った。

「彼の世界はまだまだ奥が深いみたいだ。僕らに見えていたものは、その一部に過ぎない。」

そこで夢から覚めた。

いつもよりも殊更に涼しい風が窓から流れ込んでいる朝だった。寒気すらした。

■写真は、この夢とは関係ありません(直接には)。
c0193136_11003028.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2017-08-15 10:56 | 夢物語 | Trackback | Comments(7)


音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち

プロフィールを見る

検索

お気に入りブログ

幻戯書房NEWS
梟通信~ホンの戯言
新・クラシック音楽と本さ...
Oyo-の日々
私たちは20世紀に生まれた

最新のコメント

ですよね~!
by k_hankichi at 19:01
うん、これは実に名曲だなあ。
by maru33340 at 06:54
そうなんです、びくりした..
by k_hankichi at 22:38
ああ、吉田さん確かに似て..
by maru33340 at 08:05
おようさん、おー凄い‼️..
by k_hankichi at 19:33
見せて戴きました。監督の..
by Oyo- at 18:29
論理性が際立っています。
by k_hankichi at 08:46
確かこの本文庫で持ってい..
by maru33340 at 07:41
まさに、そうです。断固と..
by k_hankichi at 21:45
maruさん、岡田さんは..
by k_hankichi at 21:35

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体

クラシック音楽

映画
ポップス
テレビ番組
美術
一般
社会
食べ物
街角・風物
夢物語
未分類

外部リンク

その他のリンク

■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新のトラックバック

蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍政権NO!大行進&「..
from 梟通信~ホンの戯言

ブログパーツ