僕もディープにぶら散歩する派である

東京を東に西に南に北に移動したり降りたりしていると、やはり地勢というものに自然と興味が湧く。だからこういう本があればすぐに買い求めて、ふむふむなるほどと頷き、自分の見立てに狂いがないことに悦にいったり、まったく新しい知見や成り立ちの歴史に必要以上に感じ入る。『東京ディープぶら散歩』(町田忍、アスペクト文庫)。

街角や街区の歴史には、江戸から明治、そして大正昭和にかけての風俗の変遷も混じっていて、そこに息づいている人々の日々の生活や気持ち、場合によってはざわざわとした語らいや囁き、呟きまで聞こえてきそう。

だから東京は楽しい。

※追伸
写真は今週訪れた本郷の駅前の喫茶店。えもいわれぬノスタルジーがある佇まいだ。コーヒーも美味かった。

c0193136_09315773.jpg
c0193136_09333263.jpeg

[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/28339245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2017-11-23 12:45
ディープやなあ。
良いなあ。
Commented by Oyo- at 2017-11-23 14:34 x
歩いていらっしゃいますね(*^_^*)
by k_hankichi | 2017-11-23 09:22 | | Trackback | Comments(2)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち