そして静かにシェーンベルクを聴き始める

シェーンベルクの音盤が見つからず、グールドのピアノ演奏集をネットで発注したところで、古いモノラル録音のものがあったことを思い出し、静かに聴き始めた。

1曲目はベルクのピアノソナタ 作品1。このオッかない、さみしい、遥か彼方の惑星のさらにその先に放り出される様な旋律に、僕はいつも身震いして、その先をあまり聴いていなかった。

熱心に聴かずでもBGM的に流していて、ふと旋律が心地よく感じられる瞬間をつかめられればそれでよいのだ、というようなことが先に読んだ本に書いてあったから、そのままシェーンベルクの作品集に音楽が移るままに流していた。

ジャズだった。

それが「ピアノ組曲 作品25」というものだった。

いまも小さく震えるようになっているのだけれど、それが少しづつ心地よいものとして浸透してゆく。

c0193136_07023759.jpeg
c0193136_07021694.jpeg

[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/28288159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2017-11-18 09:09
僕はベルクのピアノソナタは新ウィーン学派のピアノ音楽では一番好きな曲。
はんきち君がケーゲル指揮によるウェーベルンを聴いたら腰を抜かすやろなあ(^^;
Commented by Oyo- at 2017-11-18 12:41 x
貴殿のお陰でシェーンベルクをあらためて聴き直しています。2014年に友人のコンサートで管弦楽を聴いて以来!(*^^)v
Commented by k_hankichi at 2017-11-18 18:57
maruさん、ベルク怖さが抜けません。ケーゲルのヴェーベルンの音盤、聴いてみたい。

おようさん、なかなかオツです!
by k_hankichi | 2017-11-17 23:50 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち