鞍馬なのか、平均台なのか?

夏に備えての買い物をした。買いたいものは一応整えられたのだけれど、現代の家電製品のバラエティーには度肝を抜かれた。

メーカーというものは何社もあるわけだけれど、それぞれが何種類もの製品をラインナップ展開していて、昨年モデル、今年の最新式モデルが目白押しに並べられている。

省エネ度まで念入りに記載されていて親切なのだけれど、数字があると却ってそれにとらわれて思考にバイアスがかかっていく。販売促進員の言葉巧みな誘導にのっているうちに思いもよらずの次元に入り込んでいて、戻れない世界とは、こういうことをいうのだなあ、と思った。

そんななか、昼過ぎに買い求めた木材製品を思い出し、それを家のなかに並べてみて、ようやく安堵した。

シンプルながら美しい佇まい。奇をてらうことのない木工技能師の技に、ただただ吐息をついた。

c0193136_22553596.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26660759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2017-05-15 08:35
これは体操の「鞍馬」のためのものではあらないな?
Commented by Oyo- at 2017-05-15 22:13 x
このような木工を見るとIchはペンキを塗りたくなります^^;
Commented by k_hankichi at 2017-05-16 08:15
maruさん、これは鞍馬用ではあらない。平均台にも出来そうだが、そのためには短すぎてあらない。跳馬はなおさらあらない。
Commented by k_hankichi at 2017-05-16 08:16
おようさん、拙宅の関係者からもそう言われました。
by k_hankichi | 2017-05-14 22:39 | 街角・風物 | Trackback | Comments(4)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち