街角を訪ねたい時間

南千住から三河島、そしてその三河島から上野と乗車していると、「紆余曲折」とはまさにこのことか、と思う。鉄路の向かう方角が、あちらとおもえばこちら、というように変化するからだ。

少し調べてみれば、常磐線は建設された当初は田端から水戸だったということで、その後10年ほど経たときに、日暮里から三河島に接続されるルートが出来たそう。それにより実質的に上野から繋がることになる(ただし定義上は、常磐線の起点は日暮里)。

c0193136_22545781.jpg
c0193136_22545645.jpg

■上野のいま
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26504480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2017-03-15 22:28 x
こちらの近辺、本当に良く訪ね歩きました^^ 下町といいますか・・・素朴さと人情が入り混じった自然体で接する事が出来るムードが隅々に感じられた懐かしい町々でした。
Commented by k_hankichi at 2017-03-15 22:56
おようさん、ここは下町と山の手とが、うまく入り交じった場所ですね。そして、地方と都会、過去と未来とが。
Commented by oyo- at 2017-03-15 23:32 x
ほんと ほんと^^ あ、上野駅でーす!いつかばったり・・・
Commented by maru33340 at 2017-03-16 07:32
なるほど、常磐線は日暮里駅発ということやね。
やはりちょっと怪しいぞ(^^;
Commented by k_hankichi at 2017-03-16 08:05
maruさん、そーなんです。上野までは寸借路線というかんじ。
by k_hankichi | 2017-03-15 21:33 | 街角・風物 | Trackback | Comments(5)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち