またもドイツジンからもらったジン

ドイツから私のところに訪れてくれるドイツ人は、時折ドイツジンを持ってきてくれる。今回は、Ferdinand's Saar Dry Gin。ルール・ザール地方のジンだそうで、これはとても珍しい。

シュペートレーゼという刻印があって、これはもしやドイツワインの甘味処か?と勘繰る。

さてその味は・・・?

ワイン園に生える香草の薫り高いスピリッツで、それはまさしくドイツの葡萄の樹がその周囲に守って来たボタニカルの香り。

美味い!ロンドンドライジンとは一味も二味も異なる重厚な味。

BREXITをものともしない、新たなるユーロジンだった。


c0193136_21324894.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26501849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2017-03-14 23:24 x
わお~!羨ましい!最近ジンに飢えてるー!
今宵は引っ越しお疲れ後の最高のジントニックで(*^^)v
Commented by k_hankichi at 2017-03-15 07:41
旨かったですぅ!
by k_hankichi | 2017-03-14 21:31 | | Trackback | Comments(2)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち