音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

緊張しながら魔界を超えて現世に舞い戻る毎日

その名前を聞くたびに、なぜか空恐ろしくなるのだけれど、どうしてもそこを通過しなければならない。綾瀬と北千住の間、そして南千住と三河島の間。それぞれに背筋を縮こませて、過ぎ去ることを耐えていく。

あなたは怖くないの・・・?

同じ列車に乗っている乗客たちの顔色をうかがう。

大丈夫そうなのは何故・・・?

お守りを握りしめているかどうか、確かめたくなる。

この緊張が無くなることはない。もし無くなったとすれば、それは人としての感受性が欠如していくこと。

「国鉄三大ミステリー事件」のひとつ「下山事件」。「国鉄戦後五大事故」のひとつ「三河島事故」。

マタイ受難曲に耳を傾け続けざるを得ない気持ちにするこの空間は、現代の魔界だ。

c0193136_20302279.jpg

※遥か後ろにこんな看板があることを、撮影したときには気付かなかった。事件や事故を忘却の彼方に置いての、うたかた。
 

[PR]
by k_hankichi | 2017-03-08 21:38 | 街角・風物 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26485500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2017-03-08 23:12
そこは間違いなく魔界でかつてとりつかれたように下山事件関係の本を読みとうとうその現場を訪ねたことがあるけれど、公園の一角にあるその事件の碑は国鉄の線路の下にひっそり佇んでいたのを時々思い出す。
Commented by oyo- at 2017-03-09 06:48 x
あの辺りの明治通りのマンションにほんの少しだけ住んだことがあります。三河島の駅はどこよりも高く重たい空気の長~い駅でした。近くのお寺に慰霊碑がありお参りをしました。大変な事故でしたね・・・。
Commented by k_hankichi at 2017-03-09 07:26
maruさん、下山事件を調べていたのですね。そこに、その碑があるなんて、さらにおっかない。
おようさん、三河島事故の碑もあるのですね。またまた、おっかない。