音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

ハムノート

中学一年生から二年生に上がるころに、アマチュア無線の免許を取った。

そのころの思い出が出てきた。

買いたかった無線機の外観図をハンドライティングした紙まで出てきて、喉から手がでるとは、こういうことだったんだなあと思った。

小遣いも少なく、また高価な機器をねだるわけにもゆかず、いつか世界の人たちと繋がりたいと夢をみながら毎日を過ごしていた。

c0193136_23510390.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2017-03-06 23:49 | 街角・風物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26480594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2017-03-07 06:19
ああ「ハム」という言葉を
久しぶりに見た
あの頃世界とつながることは
夢だったけど
今はこんな小さな画面で
瞬時に世界につながっている
Commented by k_hankichi at 2017-03-08 21:45
「ハム」に憧れし日々は
セム語族にもつながり

遥かチグリス・ユウフラテスを通して繋がる

その男のアラビアのロレンスのポポイのサフランの
勾玉の光るその翳に呼応する

「まる」という名の君は杯を傾ける