音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

しっかりと読めた対談

対談というのは、僕にとって「コミック」並みに苦手な読み物だ。だからできるだけ遠ざけてきた。

たぶん、対話の空気や行間を読む、ということが苦手だからかもしれないし、対話のなかに時折入り込む「ははは・・」とか「(笑)」という字面に、ぞっとするような気持ちになるからかもしれない。コミックでも「こっ、これは・・・」みたいな吹き出しが分からない。

そんななか『『深い河』創作日記』の付録に入っていた対談・『『深い河』操作日記を読む』(三浦朱門、河合隼雄)があって、どうなのかなあと思いながら少し読み始めた。いつもと調子が違うのに直ぐに気付いた。どんどんと中身が頭に入ってくるのだ。

遠藤さんに対する篤い友情にも溢れた素晴らしい対談だった。

次のような三浦さんの言葉に、遠藤さんの最後期の思いを重ねた。

“初期のキリシタン時代の日本人たちが洗礼を受けることに対する抵抗感の一つは、「キリスト教の存在も知らずに死んだ我が親たちは、地獄の業火で永遠に焼かれているのか」ということです。それが、異教徒が回心するときの大きな問題点だった。遠藤の場合には、それはヨーロッパへ行ったときの違和感と重ねられて意識されていると思う。けれども彼は、それでいいんだ…南無阿弥陀仏でも南無妙法蓮華経でも、インシャラーであろうとアラーアクバルであろうと、結局は大きな河の流れのなかで一つになっていくんだ、そううう考え方だと思います。しかし遠藤にとっては、神というのは子供のときから懸命にこだわってきたものしかないけれども、だからといってそうではない他の人たちも救われないことはないので、救わなきゃいけない…という意味はあると思うんです。”

c0193136_08220552.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2017-02-28 07:58 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26461796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。