音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

『野ブタ。をプロデュース』の雰囲気と全く違う、すっごいエッセイ

買い求めてみたら、あれ、これはどこかで見たような、という既視感に捉われた。

『野ブタ。をプロデュース』ならぬ、『野良猫を尊敬した日』(穂村弘、講談社)である。背表紙の字体が、ちょっと似ているだけなのだろうけれど、その雰囲気はとても近いように見えた。

そして内容は、というと全く異なっていて、穂村節炸裂の、つまりそれは僕の代弁者のようなエッセイが満載で、それだけで幸せ過ぎる気持ちになった。

みちのくの寒い雪降る夜が、南ヨーロッパの春の陽を浴びて歩む舗道のような気持ちになった。

c0193136_20525365.jpg

野良猫を尊敬した日

穂村 弘/講談社

★★★★★



[PR]
by k_hankichi | 2017-02-01 20:51 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26369552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2017-02-01 20:56
お!
Commented by k_hankichi at 2017-02-02 06:50
ほ、ほむらさん・・!