養勇講礼なる政界ドラマの登場・・・『総理の夫』

政界ドラマというと、黒幕がいてそれが財界や建設業界と太いつながりを持ち、そこに銀座のクラブのホステスや愛人が絡み、全体として利権を巡るドロドロした筋書きが纏綿と続く、というものが多かった。ところがどうだ。ブログ友人のお薦めによって読んだこの小説は、明朗快活、全力前進といった感の、溌剌としたものだった。『総理の夫』(原田マハ、実業之日本社文庫)。

この作家がまさかここまで自由闊達かつユーモア満載な小説を書けるとは思ってもみなかったから、その力量と仕事の幅を見直してしまった。

鳥類学者である相馬日和は、妻の凛子が政界にデビューし、驚くようなスピードで内閣総理大臣に就任してしまい当惑しているところから始まる。弱小政党の長であったのだけれど、連立与党を組むことによりそれが実現したのだ。

凛子は、日本の未来を拓くべく、それまでの政界リーダーのだれもが触らずにいた「増税」を積極的に推進し、財政赤字の危機を乗り越えようとしていく。反対派も多いなか、彼女は自分が描く未来像をしっかりと国民に対して正面から自分の言葉で語り、人々の賛同を得ていく。

山場は幾つもある。そのひとつは総理のスキャンダルを狙って、政界の黒幕が刺客を送り込む場面。本来は醜聞を報じるべき立場にある政界レポーターが、逆に総理たちを応援する側に転じてしまうところには、心のなかで拍手喝采を送った。

そして総理夫妻の間に、新たな事柄が発生する。それは課題ではなく朗報と言うべきなのだけれど、政界や国民の反応はまちまちだ。賛否両論。

そこにぴしゃりと下命するのは、いったい誰なのか。おーおー、この次はどうなるんだい。というところで、ストーリーが終わる。放り出されてしまった感は拭い切れないが、この尻切れトンボ具合が、続編への期待感となって高まる。

養勇講礼。勇気を養いながら新たな一歩を踏み出し、互いに励まし合いながら未来に向かって頑張ろう。

そういう気持ちになっていく。

c0193136_18533146.jpg

総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)

原田マハ/実業之日本社

★★★






[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26366582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2017-01-31 23:14 x
面白かったですよねー^^ 読んでくださって嬉しい!
マハさんの幅広い力量に私もびっくりです。そして日和は女性の理想像ですねヽ(^o^)丿
Commented by k_hankichi at 2017-02-01 07:25
なるほど、女性からみた夫の理想像という見方があるのですね!気づきませんでした。ありがとう。
by k_hankichi | 2017-01-31 18:52 | | Trackback | Comments(2)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち