音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

爬虫類時代の記憶

寒さが身に沁みる。
氷も凍る。
知らず知らずに蒲団を深く被ったままになる。
眠りは続く。
脳の奥底にある記憶が疼く。

「眠れ、眠れ、暖かさを感じられるときまで眠れ、そうしないとお前の命は永らえない」

爬虫類だった頃の記憶が、「るるる」と音を立てる。

日本海側は大雪の朝。

c0193136_20521870.jpg
From: https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Extant_reptilia.jpg



[PR]
by k_hankichi | 2017-01-16 07:28 | 街角・風物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26323549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyoー at 2017-01-16 16:32 x
ほんとに今朝方の寒さときましたら…こんな時に会合があって山あいに来ています。
コタツの中で寝てしまいました>‐<
Commented by k_hankichi at 2017-01-16 23:37
僕も、こたつで眠り、やがて爬虫類に帰りたいです。