音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

北茅ヶ崎での湯治

小春日和の感があった日曜日は、電車に揺られて足を伸ばし、北茅ヶ崎の日帰り温泉に。北茅ヶ崎の駅舎は昭和の30年代のようで風情がある。

温泉のほうは少し草臥れた内外装なのだけど意外に沢山の種類の湯殿があり楽しめる。

地下1500mから汲み上げているという湯は塩分泉で、そこに浸かって空を見上げているだけで癒された。

バッハの「フーガの技法」が聴こえてきた。

c0193136_06341972.jpg

c0193136_06342131.jpg

c0193136_06342543.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2016-12-05 06:32 | 街角・風物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26203095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2016-12-05 18:57 x
ほんとに温泉内からバッハが聴こえてきたのですか^_^;
それもフーガの技法とは・・・流石茅ヶ崎? 温泉好きにはタマリマセンね(^_^)v
Commented by k_hankichi at 2016-12-05 19:46
おようさん、はいっ、いえ、BGMではなくて、自分のあたまのなかに、ふと音楽が響いていただけなんです。