音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

亡き人々(子)をしのぶ歌

津島佑子の『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』を読了。これは津島さんの亡き子をしのぶ歌であり、そしてまた、北海道の地のアイヌの人々をしのぶ歌でもあった。

著者は、小説の主人公に自分の過去と記憶を重ねているように思われるのだけれど、亡き子と曾て訪れた北海道の網走を、二十六年後に再び訪れるところから始まる。そこにはその地で伸び伸びと暮らしていたアイヌ民族の末裔が居た。どうしてそこにそうして居るのだろう、という疑問。それがきっかけとなって物語がとつとつと語られていく。

1620年頃、資源を求めて北に渡ってきた男とアイヌの女の間に出来た娘チカは、北海道の松前から、こんどは南に南にと海を渡っていく。そしてさらに南の長崎にはキリスト教の神父様や教徒の子供ジュリアンらと下り、そしてマカオには、神学校に入るためのジュリアンとふたり兄妹として渡っていく。

日本ではキリスト教や伝道師、そして使徒たちが迫害され、それでも神に仕えるべくマカオで育っていく二人。そんな土地にも日本人たちを排斥しようとする動きがかかり、二人は離れ離れになる。チカはバタビアまで南下し、家庭を持つのだけれど、何年も、何十年も、ジュリアンとの再会を祈念している。チカは何年かに一回、彼に手紙を書く。届いているのかどうかさえ分からぬまま、十年、二十年と経ていく。

届かぬ思いは、著者の亡き子へ届けたい想いに近いのではないか。記憶を蓄え、それを繋げていく海。藍より深き気持ちは果てのない旅を続けていく。

ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語

津島 佑子 / 集英社

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2016-10-19 22:23 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26075800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2016-10-20 09:17
チカとダアが私の頭の中に生き続けています。
Commented by k_hankichi at 2016-10-20 18:06
saheiziさん、はい、そういう記憶に刻まれる作品でした。あの物語は、巡り巡っての長さもまた意味があるのだと思いました。