知識とは想起だということ

ここ数日、記憶の大切さということが頭の中を巡っている。ようやっと読了した『ピアニストは語る』(ヴァレリー・アファナシエフ、講談社現代新書)のなかでも、次のように語られていた。

“プラトンの『メノン』などの対話篇によれば、知識とは想起(アナムネーシス)、すなわち自分がすでに自らの裡に持っているものを想い起こすことだというのです。あなたの心は、すでにすべてを持っている、だからプラトンは、知識の一側面としての記憶について語ったのです。あなたはすべてを知っている、しかしこの知識を、自ら思い出さなければならない。ほんとうの知識は、外から来るのではないのです。
(中略)
わたくしの考えでは、芸術とは他者とのコミュニケーションではなく、愚かさへの抵抗の行為なのです。外部に行って、いったんは受け身になって何かを得る。しかしヘーゲルも言うように、その得たものと共に再度みずからに回帰し、このプロセスによってさらに自分を豊かにし、自分の思考の幅を広げ、仕事の射程をさらに長いものにする。哲学者にとってだけではなく、ピアニストにとっても孤独が重要だと私が考えるのもそのためです。”(「第1部 人生」より)

アファナシエフのピアノを聴いていると、そこには作曲家でもなくピアニストでもなく、そしてまた一人の表現者ということでもなく、「一人の人間がそこに居る」、と感じるのはなぜなのかが、ようやくわかってきた気がした。

ピアニストは語る (講談社現代新書)

ヴァレリー・アファナシエフ / 講談社

スコア:


 
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26009783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2016-09-27 07:46 x
近々、演奏しにいらっしゃいますね^^
Commented by k_hankichi at 2016-09-27 21:12
そうなんです。機会が合えばと思っています。
Commented by maru33340 at 2016-09-27 22:10
深い言葉の数々なり。
Commented by k_hankichi at 2016-09-28 18:57
maruさん、この人は哲学者だとも思うのです。
by k_hankichi | 2016-09-27 00:25 | | Trackback | Comments(4)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち