『記憶について』のエーコの映像

「私たちの存在は私たち自身の記憶にほかならない。記憶こそ私たちの魂、記憶を失えば私たちは魂を失う」

ウンベルト・エーコは言う。いっぽうで、人は簡単に記憶を失う。人の記憶はあてにならない。そのようにも彼は考えている。だからこそ記憶を失ってはならない、と彼は繰り返している。

ミラノの自宅で撮影されたこの映像のなかでエーコは、迷宮のようになっている書架に囲まれたなかで、自分自身の持つ記憶を紡ぎ出すかのように語っている。

何度も観ているうちに、僕も自分の記憶ということがどれだけ確かなのか分からなくなり、なんだかとても不安になった。

※以下、2015年のヴェネツィア・ビエンナーレ美術展のイタリア館展示ビデオ。

■Umberto Eco, Sulla memoria. Una conversazione in tre parti, 2015. Parte 1. Regia di Davide Ferrario →https://youtu.be/Hq66X9f-zgc

■Part 2. https://youtu.be/zj1kwT87ne0

■Part 3. →https://youtu.be/B-M8V0PcCrw

 
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/26006802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by k_hankichi | 2016-09-25 00:41 | | Trackback | Comments(0)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち