大切な記憶が刻まれた場所

ヘップバーン演じるアン王女は、映画の最後のほうのシーンで記者の質問に応えてこう言う。「いずれの場所もそれぞれに・・・・、ローマ、なんと言ってもローマ。どんなことがあろうとも私はこの街を胸の奥に記憶として愛し続けます。」

松浦寿輝も『黄昏客思』で、それはパリの、コントレスカルプ広場だと言う。それも真夜中過ぎが一番で、夜風に吹かれながらワインの一杯でも飲むのが良いとする。

僕にとってのそんな場所はどこだろうか。

・夜の神宮外苑前の並木道。
・うだるように暑い夏の神保町交差点裏の「さぼうる」通りの涼しげな日陰。
・下目黒の行人坂の朝。
・神楽坂の横町の旧料亭街。

.
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25864346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by k_hankichi | 2016-08-02 08:07 | | Trackback | Comments(0)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち